北原里英、真野恵里菜 撮影:岡本武志

写真拡大

染谷将太主演のドラマ『みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜』の放送日が4月3日に決定。あわせて追加キャストやストーリーの詳細、場面写真が公開された。

【もっと写真を見る】

園子温が監督を務める同作は、若杉公徳の同名漫画を原作に、2013年4月から放送された連続ドラマ『みんな!エスパーだよ!』のスピンオフ作品。『みんな!エスパーだよ!』は染谷が演じる人の心の声を聞くことができる能力を持った高校生・鴨川嘉郎が、様々な超能力を持つ仲間たちと共に世界を救うために奮闘する様を描いた作品で、今年9月には映画版も公開される。

今回スピンオフ作品への出演が明らかになったのは、前作に引き続き、嘉郎が想いを寄せるヒロイン・浅見紗英を演じる真野恵里菜と、紗英が転校した東京の高校に通う真面目なクラス委員で、嘉郎を巡って紗英と火花を散らす橘シズカ役の北原里英(AKB48)。さらに、テレキネシスが使える喫茶店のマスター・永野輝光役のマキタスポーツ、テレポーテーションが使える嘉郎の先輩・榎本洋介役の深水元基、透視能力を持つ同級生・矢部直也役の柾木玲弥、紗英の父で教授の浅見隆広役の安田顕、隆広の秘書・秋山役の神楽坂恵らレギュラーメンバーや、シズカの同級生・ハルカ役の橋本マナミ、紗英やシズカのクラスの担任教師・梶本幸雄役の片桐仁らもキャストに名を連ねている。

ゲストヒロインとなる北原は染谷、真野との初共演について「染谷さんは、いつか一緒にお仕事できたら素敵だなあと思っていた方なのでとても嬉しかったです。染谷さんは何をしていても映画を見ているような気分になる方で、ついつい目がいっちゃいました。ぶつかるシーンで、ぶつかっても全然痛くなかったのでプロだなあと思いました(笑)」「真野さんは、初めて一緒のシーンだったときこそ緊張してしまったけど、すぐに『あ、仲良くなれそう!』と思わせてくれる、優しさがにじみでていました。現場では、パンチラの先輩としてこっそり技術を盗もうと見ていたのですが、やっぱり先輩にはかなわなかったと思います(笑)」と語っている。

『みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜』のストーリーは、愛知・東三河で暮らす嘉郎のもとに、東京に戻った紗英から「助けて」というメールが届いたことをきっかけに展開。紗英の通う定時制高校を舞台に繰り広げられる「キャバクラ嬢軍団」「風俗嬢軍団」「スケバン軍団」の派閥争いや、敵エスパーの存在に翻弄されながら、嘉郎と仲間たちが紗英を救うために戦う様を描く。

なお、今回公開された場面写真では真野と北原の制服姿などを確認することができる。また、3月30日発売の『ヤングマガジン18号』には、真野と北原のスペシャルグラビアが掲載される。

■真野恵里菜のコメント
まさか、「みんな!エスパーだよ!」が帰ってくるなんて思ってなかったので嬉しかったです。連ドラであらゆることをしたのに、今回はどうなるの?!と思い、台本を読んだらポカーンでした(笑)キャストがみんなで一生懸命真面目にバカなことをしてる姿を笑って見ていただけたら嬉しいです。
また、今回ゲスト出演される北原里英さんとは初共演でしたが、同い年ということもあり、変な気を使わずに“ミニカーを走らせる”ことができました。詳しくは是非放送を見てください!

■北原里英のコメント
園子温監督のファンだったので今回参加できて本当に夢のようでした。撮影していた期間は、毎日幸せで『生きてるなぁ』って実感するくらい充実していました(笑)。園さんはすごくおちゃめで、エッチなシーンを撮るときのこだわりがすごくて、現場ではついつい笑っちゃうことが多かったです。
体を張った演技では、ためらったり考えたりしたらダメだな!と思ったので思いっきりやろう!をモットーにやってました。撮影している期間はがむしゃらすぎて何とも思っていなかったけど、今はオンエア後の反応が少し不安です。(笑)
特に学校の派閥を説明しているところのイメージシーン(?)は一人ぼっちでがんばっているのでぜひ見てほしいです。どういう風に仕上がっているのかちょっとドキドキです!