ダニエル・クレイグが頭を強打、「007」最新作撮影で膝の捻挫に続き。

写真拡大

ダニエル・クレイグが、「007」シリーズ最新作「スペクター」の撮影現場で頭を打つアクシデントに見舞われたようだ。

同作品の中でおなじみのジェームズ・ボンド役を演じているダニエルは、イタリア・ローマでの撮影中、運転していたアストンマーティンが舗装道路のくぼみにぶつかってしまったという。ある関係者は「ちょっとした衝突といった感じだったのですが、現場にいた全員が息を呑みましたね。ダニエルはすぐに救護チームから治療を受けていました」と当時の状況を明かしている。

新たな悪役として登場するデビッド・バウティスタと夜間の撮影を行っていた際に、ダニエルの運転する車が道路のくぼみに落ちるような形になってしまい、頭をぶつけてしまったようだ。

先日もダニエルは膝を捻挫するアクシデントに見舞われていたが、さらにオーストリアの撮影では、助監督テリー・マッデンが車の事故に巻き込まれ足を数箇所骨折する事態となっていた。同関係者は英紙ザ・サンに「これ以上事故がおきないことを願うしかないですね」と語っていた。