A・ヤン、 終盤耐えてツアー2勝目を挙げた(Photo by Thananuwat Srirasant/Getty Images)

写真拡大

<ホンダLPGAタイランド 最終日◇1日◇サイアムCC パタヤ・オールドC(6,548ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー「ホンダLPGAタイランド」の最終日は最後まで勝負の行方がわからない大混戦となった。そんな混戦を制したのは韓国のエイミー・ヤン(韓国)だった。この日、ヤンは終盤苦戦するも5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド、トータル15アンダーまで伸ばし逆転で2年ぶりツアー2勝目を果たした。
日本勢の順位は?!リーダーボードをチェック!
 2打差のトータル13アンダー2位タイにはステイシー・ルイス(米国)、ヤニ・ツェン(台湾)、イ・ミリム(韓国)の3人がつけた。続くトータル12アンダー5位タイには今大会ベストスコアで9つ伸ばしたベアトリス・レカリ(スペイン)とキム・セヨン(韓国)が並んだ。さらに1打差のトータル11アンダー7位タイにはインビー・パーク(韓国)、スーザン・ペターセン(ノルウェー)、サンドラ・ガル(ドイツ)の3人がつけた。
 日本人3選手は野村敏京が8バーディ・ノーボギーの“64”と大爆発、トータル8アンダーまで伸ばし日本勢トップの13位タイで大会を終えた。宮里美香は最終日に6バーディ・1ボギーの“67”で回り、トータル7アンダーまで伸ばし23位タイ、3戦連続のトップ20入りとはならなかった。宮里藍は5バーディ・2ボギーの“69”で3つ伸ばしトータル1アンダーの43位タイで4日間を終えた。
【最終結果】
優勝:エイミー・ヤン(-15)
2位T:ステイシー・ルイス(-13)
2位T:ヤニ・ツェン(-13)
2位T:イ・ミリム(-13)
5位T:ベアトリス・レカリ(-12)
5位T:キム・セヨン(-12)
7位T:インビー・パーク(-11)
7位T:スーザン・ペターセン(-11)
7位T:サンドラ・ガル(-11)
10位T:カリー・ウェブ(-10)他
13位T:野村敏京(-8)他
23位T:宮里美香(-7)他
43位T:宮里藍(-1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>