世界を滅亡させうる12の大惨事と、10の対策

写真拡大

「Global Challenge Foundation」が、人間の文明の終わりをもたらす確率の最も高い12の大惨事のリストを発表した。

「世界を滅亡させうる12の大惨事と、10の対策」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界的なパンデミックにせよ、核による大量虐殺にせよ、小惑星の衝突にせよ、機械の反乱にせよ、世界の終わりをもたらす大惨事について話をするときに、慎重になりすぎることはない。

人類を脅かす危険について問題意識を喚起することを目指した組織、Global Challenges Foundationは、「12の起こる可能性の高い大惨事」のリストを発表した。これらはつまり、人間の文明を破壊し尽くす可能性がある事柄で、したがって準備なしのまま襲われないようにしておくべきとされるものだ。

レポートを作成したのは、オックスフォード大学の研究者チームだ。これは「潜在的に無限のインパクト」と定義される世界的なリスクについて議論を促進するもので、必要な対策を準備するよう、世界の諸機関や指導者たちの注意を引くことを望んでいる。

レポートでは、さまざまなリスクが4つのグループに分けられている。それぞれ、いまそこにあるリスク、外因性のリスク(すなわち人間の活動が原因ではないもの)、出現しつつあるリスク、そして、グローバルガヴァナンスと関連するリスクだ。

さらに、リストに掲載された12の大惨事のそれぞれについて、研究者たちは2つのパラメーターを計算した。その出来事が人間の文明の終わりを直接引き起こすリスクと、時間とともに社会の崩壊をもたらす出来事の連鎖を引き起こすリスクだ。

この2つを区別することが非常に重要だと、科学者たちは説明する。わたしたちが生きている社会がお互いにどれくらい連結しているか、また、小規模で起こる出来事が全体のシステムにいかに影響を及ぼすかを理解する助けとなるからだ。

起こりうる「世界の終わり」とはどのようなものだろうか。「いまそこにあるリスク」を示すものを5つ挙げると、極端な気候変動、核戦争、環境大災害、世界的なパンデミック、グローバル経済システムの崩壊がある。これに対して、「外因性のリスク」としていちばん大きなものは、小惑星の衝突と、超巨大火山の噴火によるものだ。

「出現しつつあるリスク」が何かというと、これらはSFめいたものもあるのだが、代表的な例として挙げられるのが、人造生物とナノテクノロジー、そして人工知能だ。そして未知のリスク(現在知られていないが、それでも対策しておくべき危険)がある。最後に、12番目として挙げられるのが劣悪なグローバル・ガヴァナンス、つまり、将来人間の文明の壊滅を引き起こす可能性のある、貧困や、飢餓や、戦争のような難題を解決する能力の欠如だ。

リストは、12の大惨事のリストだけでなく、10の考えうる解決も提示している。

    リスクに対応する役割を担う世界的なネットワークの構築世界的な難題のリスクを分析する能力の改善早期警告システムの開発極度に複雑な社会・環境システムとしての世界を視覚化することの奨励正しい方向の努力に報いることあらゆる種類の可能性に注意を払うこと(つまり、わずかでも、潜在的に壊滅的なインパクトをもたらすリスクも念頭に置くこと)より大きな注意を払って極限の大惨事の可能性を研究すること可能性は低いがインパクトの非常に大きい出来事から生じる危険を、正しく判断するのにふさわしい言葉の選択を奨励することグローバルリスクの指標を定めることグローバルリスク・オーガニゼーション創設の可能性を検討すること

TAG

GlobalGlobal Challenge FoundationRiskWIRED IT