黒田博樹が実戦形式で投球 速球のサインで別の球種を投げ分け

ざっくり言うと

  • 広島の黒田は捕手の石原と球種のサイン確認をして初の実戦形式に臨んだ
  • 最大の特徴はフォーシームとツーシームを同じ「速球」としている点
  • 「自分の感覚や打者の反応で投げ分けている」と語っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング