繁華街の中央に位置する「アパホテル金沢中央」

写真拡大 (全2枚)

 3月14日、いよいよ北陸新幹線が金沢まで延伸開業する。東京から金沢まで最速2時間28分で行けるとあって、金沢・富山方面への旅行を計画している人も多いはず。

 そこで事前にチェックしておきたいのが宿泊場所だ。最近はビジネスホテルでも快適な設備が整い、質のいいサービスが受けられる。ホテル評論家の瀧澤信秋氏に金沢・富山で注目したいビジネスホテルを聞いた。

 * * *
 新幹線の開通は、駅周辺のホテル開発が進む契機となるが、北陸新幹線の金沢延伸も例外ではない。新幹線開業に合わせ金沢駅周辺では、ホテルのオープンやリニューアルが進んでいる。駅東口では、デラックスホテルの「ホテル日航金沢」が、リニューアルにより新コンセプトの客室フロアを順次登場させる予定だ。

 一方、ビジネスホテルで注目の施設は、西口の複合施設に開業する「ABホテル金沢」だ。ABホテルは愛知県を中心に展開する人気ビジネスホテルチェーン。いま、ビジネスホテルは「無料サービス合戦」になっている。もちろん無料とはいっても宿泊料金に転嫁されてはいるが、大浴場や朝食も無料というチェーンが多く、利用者の支持を受けている。

 ABホテルでは、全国チェーンのビジネスホテルが提供する無料サービスと同様か、それ以上のサービスを提供しつつ、全国チェーンホテルより低廉な料金体系を実現しファンを増やしている。

 また、全国チェーン「ホテルマイステイズ」が昨年11月に駅徒歩5分の立地で開業。こちらは全室30平方メートル以上の客室面積を確保、もはやビジネスホテルとはいえないレベルだ。

 ところで金沢といえば、有名ホテルチェーン「アパホテル」の牙城。金沢市内には6軒のアパホテルがある。最も駅近なのが「アパホテル金沢駅前」。駅徒歩1分の立地で大浴場も擁する。金沢の繁華街である片町にもアパホテルは展開。天然温泉を擁する「アパホテル金沢中央」、アパホテル第1号店である「アパホテル金沢片町」もあり選ぶのに迷うほどだ。

 その中でもワンランク上の「アパヴィラホテル金沢片町」に注目したい。繁華街の中心である片町交差点近くに位置しており、ツインを基本とした全室32平方メートル以上のセミスイート仕様が標準。もちろんお得なシングルユースプランもあり、広い客室をヒジネス利用となれば贅沢なホテルステイとなる。

 富山にも、駅周辺に利用しやすいビジネスホテルは多い。充実したブッフェスタイルの無料朝食サービスであれば、「ホテルプライム富山」や「ホテルクラウンヒルズ富山」がオススメだ。いずれも駅徒歩3分の立地。

 また、富山駅徒歩1分の立地にある「コンセプトホテル和休」は特に注目したいホテル。

 エントランスで靴を脱いで入館する「和」のコンセプトが特徴。一般的なビジネスホテルには見られない、畳にマットレスというスタイルが斬新。館内はスタイリッシュで清潔感ある大浴場やサウナも擁する。朝食のクオリティも秀逸、おひつで供されるご飯というのもビジネスホテルの無料朝食では稀である。

 一般的に新幹線の開通は、東京からの日帰り出張族の増加をもたらすが、魅力溢れる富山、金沢で是非お気に入りのホテルを見つけ、滞在を楽しんでいただければと思う。

■写真提供/瀧澤信秋