「本来の自分は繊細で緻密」と語る篠原信一

写真拡大

 最近バラエティー番組で大活躍の柔道家・篠原信一さん(42才)。190cmの長身と強面でインパクト大だ。シドニー五輪で銀メダル、ロンドン五輪では日本男子代表の監督も務めた華々しい柔道人生を歩んできたが、現在は一転TV出演で多忙な毎日を送っているという。

 月の8割ほどを東京で過ごすという、売れっ子。家族と暮らす奈良県から新幹線で通う。

「監督時代の篠原が怖い印象なんで、いざテレビに出たら“なんや、しょうもないアホなことばかり言ってるやないか”というギャップなんでしょうね。自分としては、“芸人さん面白いな”“MCはうまくまわすな”なんて感心しながらも、いまだに家でテレビを楽しむ感覚で、番組に出ています。見ていて勉強にはなりますけど、ぼくはプロではないんで、同じラインには並べません。テキトーにくっちゃべって、ロケもぐだぐだな篠原というのが素のキャラだし、それで呼ばれているんだと思うし」

 テキトーさを標榜するのは、本家の芸人たちに敬意を表してこそ。その実、クイズに備えて漢字を勉強していたりする。

「簡単な字が書けないと、家で高校生の長女に“やめてよー、あんなのもわからへんの?”と、言われるんで(笑い)。本来の自分は繊細で緻密。ある程度わかっておかないと気が済まなくて、出演する番組の準備や下調べはします。そこを超えたら、テキトーなんですよ」

※女性セブン2015年3月12日号