長寿と繁栄を──スポック役のレナード・ニモイ死去

写真拡大

「スタートレック」シリーズのミスター・スポックで知られた俳優、レナード・ニモイが27日朝(現地時間)、ロサンジェルスの自宅で亡くなった。83歳だった。インターネット上にその知らせが届いてから間をおかず、友人や共演者、それにファンたちから、名優に捧げる哀しみの声が上がっている。

「長寿と繁栄を──スポック役のレナード・ニモイ死去」の写真・リンク付きの記事はこちら

レナード・ニモイはこの週前半から胸の痛みを訴え入院していたが、妻のスーザン・ニモイによるとその死因は慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)であったという。ニモイ自身、昨年2月より、この病に苦しんでいること、その原因は長年にわたる喫煙によるものだと公にしていた。

ニモイの孫娘のダニは、ニモイのTwitterアカウントで次のようにポストしている

彼は偉大な人だった。偉大な祖父であり同士であり俳優であり作家であり…数え上げればきりがない…、偉大な友人だった。皆さんのあたたかな哀悼の言葉に感謝を。LLAP──長寿と繁栄を。[LLAPとはバルカン人の挨拶「Live Long And Prosper:長寿と繁栄を」の略。ニモイは生前、自身のTwitterで多く用いていた。]

「スタートレック」シリーズのスポック役として知られているニモイは、初期の未公開パイロット版から最新作の『スタートレック・イントゥ・ダークネス』(2013年)まで出演してきた。

それだけでなく、オリジナル版の『スパイ大作戦』やJ.J.エイブラムスの『フリンジ』などのTVシリーズにも出演、ドキュメンタリーシリーズ「In Search Of…」のホストを務め、舞台俳優や写真家、シンガーとして活躍したほか、映画『スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!』(1984年)や『スタートレックIV 故郷への長い道』(1986年)『スリーメン&ベビー』(1987年)では監督として指揮を執った。

ニモイ逝去の知らせからすぐに、彼の友人やかつての共演者、ファンたちからの死を悼む声が広がっている。

Post by George Takei.

It is with sadness that I heard of Leonard Nimoy's death. I was lucky to spend many happy, inspiring hours with him. He won't be forgotten.

— Patrick Stewart (@SirPatStew) 2015, 2月 27

#RIPLeonardNimoy

— Anonymous (@YourAnonNews) 2015, 2月 27

ニモイは生前、2冊の回顧録を発表している。1975年の『I Am Not Spock』と1995年の『I Am Spock』だ。また彼は熱心なTwitterユーザーでもあり、死の4日前のツイートが、彼の遺した最後の公式な言葉となった。

A life is like a garden. Perfect moments can be had, but not preserved, except in memory. LLAP

— Leonard Nimoy (@TheRealNimoy) 2015, 2月 23

TAG

Leonard NimoyLLAPMovieStar TrekWIRED US