絵文字の「肌の色」を5色から選べるようにしたアップル

写真拡大

アップルは、「iOS 8.3」のベータアップデートで、人種の多様性に対応するべく、絵文字の肌色を5色から選べるようにした。

「絵文字の「肌の色」を5色から選べるようにしたアップル」の写真・リンク付きの記事はこちら

人種の多様性に対応して、5色の肌色が用意された絵文字がついに登場した。アップルが2月23日(米国時間)にリリースした「iOS 8.3」のベータアップデート(「iOS 8.3 beta 2」)には、「絵文字スキン・モディファイア」を備えた新しい絵文字キーボードが搭載されている。

関連記事:絵文字、スタンプの次は「絵を描いて返信できる」iOS 8アプリ

アップルは、300種類の新しい絵文字を追加する意向だ。これらの絵文字は現時点ではテスターだけに提供されており、絵文字のさまざまな色や組み合わせを利用できるようになる正式なリリース日は数カ月先の予定だ。それでも、皮膚科医が用いる基準「フィッツパトリック・スケール」に基づくヴァリエーションが追加されることで、今後は絵文字による自己表現の選択肢が広がるだろう。

2014年3月には、アフリカのモバイルメーカーMi-Fone社の一部門である「Oju Africa」が、絵文字における多様性の欠如に対抗するため、絵文字シリーズ「アフロ」をリリースした

そのきっかけとなったのは、MTVのジャーナリストであるジョーイ・パーカー氏が書いた記事だった。同氏は、アップルが白人以外の絵文字を提供していないとして批判した。

それ以降、多様な絵文字を追加する活動は盛り上がりを見せ、2014年3月には嘆願書も出されたほか、マイリー・サイラスなどのポップスターたちも引き付けた。

2014年11月には、Unicodeコンソーシアム(Unicodeの開発を調整する非営利団体)が試案を公開し、人種的により多様な絵文字というヴィジョンを明らかにした。

ただし、今回の絵文字にも、批判がないわけではない。「Quartz」の記事によると、中国のユーザーの中には、肌が黄色すぎるという不満を口にする人たちもいる。

一方、「ガーディアン」のオーストラリア支局は、Unicodeコンソーシアムに対し、「赤毛の人」のヴァリエーションはいつ追加されるのかと尋ねたという。

TAG

AppleDiversityEmojiWiredUK