くさび形の「ウェッジデザイン」採用 55V型ながら省スペース設計

写真拡大

ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」から、フルHDの55V型「KDL-55W950B」を2015年2月28日に発売。市場想定価格は21万円前後(税別)。

高音質・高画質のプレミアムモデル

高音質・高画質のプレミアムモデルという位置づけで、55V型ながらコンパクトなスペースに設置しやすい「ウェッジ(くさび形)デザイン」を採用。旧モデルと比べ、スタンドの奥行きが29.8センチから25.1センチへと、約15%削減されている。

つややかな光の輝きを再現する高輝度・高コントラスト技術「X-tended Dynamic Range」を採用。映像の明るさに応じ、LEDバックライトの発光を画面エリアごとに制御する「エッジ型LED部分駆動」を搭載。暗い部分の電流を明るい部分に集中させ、輝度の向上を実現した。音響面では、豊かな中低音と聞き取りやすい音声の大容量「ロングダクトスピーカー」を、くさび形ボディに内蔵する。

デジタル3波チューナーを2基搭載し、USB HDD(ハードディスク・ドライブ)で裏番組の録画が可能。電源オフから1秒前後で起動する「高速起動」に対応する。スマートフォンのような直感的操作の「タッチパッドリモコン」が付属。