© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

ディズニーから、2015年4月25日(土)に全国公開される、実写映画『シンデレラ』。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

試写会で作品本編を鑑賞してのレビューをお届けします。

親が、子どもに見せたくなる「珠玉の名作」に仕上がっています。

■なぜ、今さら『シンデレラ』をリメイクするのか?

シンデレラと言えば、ディズニーで最も有名なおとぎ話の一つであり、また、最も愛されてきたキャラクターの一人でもある。

間もなく公開されると聞いて、楽しみにしているディズニーファンも多いだろう。

が、同じくらい……いや、それ以上に、「なぜ今、シンデレラなのか?」と、首を傾げる人が多いはずだ。

シンデレラは有名だ。が、あまりに有名すぎる物語が、逆に足枷になる。

誰もが知っていて、ストーリーも結末も、観る前から明確である物語を、今さらディズニーはどうしようと言うのだろうか。

■ディズニー、3つの選択肢

ディズニーには、3つの選択肢がある。

1つ目は、『マレフィセント』路線だ。『眠れる森の美女』という、これまた誰もが知る物語を、斬新に解釈しなおし、私たちに驚きと感動をもたらした。

だが、ディズニーは、今回の『シンデレラ』を「ディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点」と、プロモーションしている。

どうやら、古典的なシンデレラ像はそのままに、勝負するつもりらしい。

何より、シンデレラ像の、『マレフィセント』的(斬新な)解釈のしなおしは、一足早く公開される『イントゥ・ザ・ウッズ』(2015年3月14日公開)で行われている。

D*MANIA - 【ディズニー映画】シンデレラやラプンツェルの“ハッピーエンドのその後”を描く! 『イントゥ・ザ・ウッズ』徹底紹介

2つ目は、“無策に討ち死に” 路線だ。

単に、『シンデレラ』の知名度に乗っかって、「実写化すれば話題になるだろう」程度に考えている可能性はないだろうか。

3つ目は、そのどちらでもない「新しい何か」だ。

つまり、物語は古典的『シンデレラ』でありながら、観る私たちを驚かせ、有無を言わさず納得させてしまうような、想像のつかない神業を、ディズニーは成し遂げているかもしれない。

■シンデレラって、こんなに魅力的な物語だったろうか?

複雑な心境のまま、先日、メディア向けの『シンデレラ』試写会に参加させてもらった。

端的に言えば、ディズニーは、神業を成し遂げていた。素晴らしい、としか言いようがない。

ストーリーは、誰もが知っている、“ディズニーのシンデレラ” だ。小手先の変化球は一切ない、直球勝負だと思ってもらっていい。

まず私が驚かされたのは、「シンデレラって、こんなに魅力的な物語だったろうか?」ということだ。

誰もが魅了される、シンデレラの人物像。どこか抜けていて、コミカルですらある、フェアリー・ゴッド・マザー。“魔法” というものが本来的に持つワクワク感や、豪華絢爛な舞踏会のシーン。

誰もが知る、シンデレラの物語の魅力を、私たちが忘れてしまっているところまで、余すところなく表現していた。

■実写でなければならなかった

“このリメイク作品が、実写映画であること” への評価にも、触れておかなければならない。

シンデレラ役のリリー・ジェームズを始めとする役者陣の魅力、シンデレラのドレスや、かぼちゃの馬車といった、舞台美術の美しさなど、実写映画でなければ、絶対に表現できなかったものだ。

『シンデレラ』は実写映画用に創作された物語なのではないか……とさえ、思いたくなるほどに、文句の付けようのない出来だった。

あれだけの映像を見せつけられたら、いったい、ディズニーのアニメーション部門は何を描けばいいかわからなくなるのではないか……と、いらぬ心配までしてしまったくらいだ。

1950年公開のアニメーション『シンデレラ』を描き直すにあたって、ディズニーが、なぜ実写を選択したのか? 充分すぎる回答が、ここにあるように思う。

■共感を呼ぶ、新しい “シンデレラ” 像

そして、現代に生きる私たちが共感できる、新しい “シンデレラ” 像が描き出されている。

ラストの描き方は、特に秀逸だった。シンデレラも、王子も、自ら道を切り開く。

幸運をただひたすら待つ、受け身の物語ではない。魔法がすべてを助けてくれる物語でもない。

むしろ魔法は、映画を彩るための小道具、あるいは脇役に過ぎなかった印象すらある。

私たちは、ディズニーが新時代に突入した事実に、気づき始めている。

アニメーションでは、2年連続でオスカーを獲得した『アナと雪の女王』に『ベイマックス』。実写では『マレフィセント』。

単に大ヒットしただけでなく、多くの人々の共感を生んだ。

新生ディズニーを印象づけるマイルストーンとして、ディズニーは、ディズニー・ラブストーリーの原点である『シンデレラ』を、描き直す必要があった。

■親が、子どもに見せたくなる「珠玉の名作」に仕上がっている

ところで、ディズニーはなぜ、『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』を、『シンデレラ』同時上映としたのだろうか?

マーケティングにうるさいディズニーが、何の考えもなしに、幼児を中心に大人気となっている『アナと雪の女王』の、続編短編を、実写映画の抱き合わせにするとは思えない。

■『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』予告編

鑑賞して、答は明確になった。実写映画『シンデレラ』は、“親が、子どもに見せたくなる作品” なのだ。

たとえば、映画『アナと雪の女王』は、エルサがコンプレックスを克服する物語だ。

一方、劇中、シンデレラには、克服すべきコンプレックスは存在しない。

(この点、シンデレラは、現実にはまずあり得ないような、究極の理想像だ。“ディズニーらしい、おとぎ話らしさ” を失っていないのは、この人物設定が要因であるように思う)

彼女が向き合うのは、ちょっとした不運であり、人生に誰にでも起こりうる理不尽だ。あるいは、人間ならば誰しもが抱える、不安や恐れだ。

しかし、最愛の人々に、心から愛されて育ったシンデレラは、世界を広げていける。

“本当の強さ” とは、ありのままの自分自身を受け入れ、信頼できる人間にこそ、宿るのである。

私は、6歳の娘と、3歳の息子の父親だが、「もし憧れるのなら、この映画のシンデレラのような人に憧れてほしい」と、はっきりと思うのだ。

これは言うまでもなく、古典『シンデレラ』からは、得られなかった感覚だ。

『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』を子どもたちに見せたかった、世の中のお父さんお母さんは、安心していい。

実写映画『シンデレラ』は、子どもに見せる想定で作られている作品だ。

■“ディズニーのシンデレラ” と言えば、この作品を指すようになるだろう

これから先、“ディズニーのシンデレラ” と言えば、1950年公開のアニメーションではなく、この実写版を指すようになるだろう。

“これぞディズニーのおとぎ話” と言える、王道中の王道であり、現代的な価値観に対応した新しさがあり、映画としての質も文句の付けようがない。まさにパーフェクトな作品と言える。

私は実は、ディズニーファンとしては、経歴が浅い。

再び黄金期を迎えたディズニーを、リアルタイムで、近くから見られる仕事についていられる幸運に、感謝したい。

ぜひ、ディズニーの新時代を、自身の目で確かめてほしい。

この実写版『シンデレラ』を、リアルタイムに劇場で観たという事実は、きっと、あなたの孫の世代に、自慢できる出来事となるはずだ。