男性運転士がブレーキに腹部を当てる→扉開けたまま電車が後退

ざっくり言うと

  • 名古屋市の市営地下鉄で27日、停車中の電車が扉を開けたまま約50cm後退した
  • 運転士がブレーキハンドルに誤って腹部を当て、ブレーキが緩んだのが原因
  • 乗客約70人にけがはなく、後続電車への影響はなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング