NISAで本当に儲けたい人はコレが一番! 投資信託フル活用での「税金ゼロ」口座の使い方とは?

写真拡大

NISA(少額投資非課税制度)の口座では、儲けた配当(分配)金や値上がり益にかかる税金がゼロになるのだから、大きな値動きや高配当が魅力の個別株がベストと思っているのならちょっと待った! 実は投資信託にこそ、NISAで勝つ大きなメリットがあるのだ。

日本株の配当利回りは高くて約4%、
投資信託なら30%超の分配利回りも!

 昨年からスタートした年間100万円までの投資の値上がり益と分配(配当)金の利益の税金がゼロになるNISA(少額投資非課税制度)。NISAでは個別株もいいが、実は投資信託もスゴイ威力を持っている。個別株と違って世界中の様々な資産に、配分したい1万円単位などの切りのいい金額で投資ができる上に、高い利回りや大きな値上がり益も十分に狙えるからだ。

 まずは、利回り狙いの人へのアドバイスから。NISAで人気の日本株には、武田薬品工業(4502)やみずほフィナンシャルグループ(8411)など高配当狙いの株が多い。確かにNISAでは配当金の税金もゼロなのだが、果たして利回り狙いの場合、本当に高配当株を買うのがベストなのだろうか。

 というのも、武田やみずほFGの配当利回りを見ると、株価が安いタイミングでうまく買えたとしても3〜4%程度に過ぎないからだ。つまり、100万円の枠をすべて高配当株で使ったとして、年間4万円の配当となり税率20%で計算すると、わずか8000円のトクにすぎない。

 ここで、投資信託に目を向けてみてほしい。

 投資信託の中には、海外の不動産に投資するリート型、様々な国債や社債に投資する債券型、世界中の高配当株に投資する株式型などの高利回りが狙える投資信託が多数存在する。しかも、こうした投資信託の分配金利回りは30%を超えるものも。そう、円安効果なども期待できる海外の様々な資産に投資する投資信託で、より高い利回りを狙うのが正解なのだ。

約1万円刻みでの売買ができる点も
投資信託が株より有利な大きなメリット!

 さて、次は値上がり益を狙いたい人へのアドバイスだ。

 値上がり益を狙いたい人にとっても、NISAは大きな味方となる。たとえば、すでに一般口座で1000万円以上の資産を運用しているような人の場合、NISA口座でもまったく同じ投資をしていても意味がない。比較的リスクが小さい投資は一般口座で行ない、リスクの高い投資をNISAに集中させるのが正解だ。

 こうすることにより、大きな値上がり益に対して税金ゼロが使えることになるため、NISAのメリットを最大限に享受することが可能になる。確かに損が出た時にはNISAのメリットは消えるが、これくらいのリスクは取りたいところだ。

 また、投資できる額が100万円に満たない少額しか投資ができない人の場合も同様だ。損を怖れて低リスクの投資だけでは、投資額が小さいだけに税金ゼロのメリットをほとんど受けられない。つまり、少額の投資しかできない人も、やはりNISAではある程度のリスクを取り、大きな値上がり益を狙うのがベターだ。

 では、値上がり益狙いの場合、株と投資信託ではどちらがいいのか。複数の銘柄に分散投資をする投資信託より個別株のほうが大きな値上がり益が狙えるのは確かだが、投資信託も個別株ではほとんど買えない新興国株やその他の資産に投資でき、株に引けを取らない成績を狙うことが可能だ。実際に2014年の1年間で40%超も上昇したものもある。

 そして、投資信託で値上がり益を狙う意外に知られていないメリットとして、利益確定売りの自由度が挙げられる。実際に値上がりした時に、株は単元株数ごとに売買するために小刻みな売却が難しい(特に1単元だけ保有している場合は、すべてを売るか保有するかの二者択一になる)。これが投資信託では、上昇に応じて約1万円刻みで徐々に利益を確定することができるのだ。

 このように、利回り狙いでも値上がり益狙いでも、投資信託にはNISAでのメリットが多い。今年の投資で勝つためにNISAで投資信託を始めよう。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、NISAでの投資にピッタリの高利回りの投資信託と高上昇率の投資信託が載っている。中でも、高利回りの投資信託については分配金の利回りだけでなく、分配金の健全度(タコ足になっていないか)や余力度もしっかりチェックして評価している。利回り狙いの人も、値上がり益狙いの人もぜひダイヤモンド・ザイ4月号から投資信託を選んでみてはいかがだろうか。