多くのモデルや女優たちが、美しさやスタイルを維持するために実践しているのが「水をたくさん飲むこと」。これはかなりよく聞かれる方法だが、水を多く飲むことが何故良いのか? 水分で空腹が紛れる? もちろん、それだけではない。

ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、同社のダイエット情報発信サイト「microdiet.net」において「ダイエット中に水をたくさん飲むと良いのはなぜ?」という調査レポートを公開している(http://microdiet.net/diet/000456.html)。そこで紹介されている情報を一部紹介したい。

main

1.「代謝が上がる」

 体脂肪を燃焼させるには、体の代謝がスムーズに行われていることが非常に重要。水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環が良くなり、代謝を高めることに繋がる。代謝が高まるということは、エネルギー消費量が増えますので、その分脂肪を燃焼させやすくなるということ。反対に水分が不足すると、血液の濃度が高まり血流は悪くなる。すると、体全体に栄養素や酸素が十分に行き渡りにくくなり、代謝はもとより体の機能自体が低下してしまう。

2.「腸内環境が良くなる」

 腸内環境は、美容・健康・ダイエットの観点で非常に重要なファクターだ。便秘になるとお腹が張るなどの不快感だけでなく、腸内の悪玉菌が増え有害物質を発生させ、腸内環境が悪化する。これが腸から吸収され血液によって全身に巡り、肌荒れや様々な病気の原因となったり、代謝が低下してやせにくい体にもなってしまう。

 便秘の予防や解消には、水分を十分量摂る必要がある。便秘で硬くなった便が水分を含むので排出しやすくなり、また、水分によって便のかさが増し、腸のぜん動運動を促進。便通を起こさせる。1日を通じてこまめに水分補給をすることを基本に、朝起きたらまずコップ1杯の常温の水を飲むと、より効果的だという。

3.「デトックス効果」

 血液により回収された体の老廃物は、腎臓でろ過され、不要なものは尿から排出されます。水分をたくさん摂ると尿量が多くなり、自然にデトックスに繋がる。この一連の働きを促進するには、やはり水分が必要。人間は汗や尿などから、1日約1.5リットルの水分が出ていく。これを補うためには、やはり食事や飲み物から水分を摂るほかない。

sub1