ロボットのクマだからROBEAR(写真提供:理化学研究所)

写真拡大

理化学研究所(埼玉県和光市)は2015年2月23日、介護用ロボット「ROBEAR(ロベア)」を開発したと発表した。人との接触状態に応じた微妙な動作調節や、ロボットの腕で人を挟み込んで保持するような柔らかな動作ができるのが特徴だ。

クマをかたどったかわいらしい顔を持つROBEARは、過去のロボット開発技術をもとに、小型で高精度・高出力の駆動装置や人との接触状態を検出する「力/トルクセンサ」、動く方向の力を検出できる「電流トルク推定器」、小さな力にも反応する「触覚センサ」に加えて、柔らかい動きを実現する「インピーダンス制御」が搭載されている。

理研はさらなる介護ロボットの柔軟な介護動作の実現やリハビリへの応用を目指し、引き続き研究をおこなっていくという。