2016年4月、日本においても一般家庭での「電力自由化」がスタートすることが発表されている。いったい何が変わるのか、電気料金が安くなるのか、サーヴィスがよくなるのか。『WIRED』では、皆さんからの率直な疑問を集め、電力自由化の事業を進めるメインプレイヤーのひとつ、Ennet(エネット)を直撃することにした。

「WIRED公開質問! 「電力自由化」はぼくらの暮らしの追い風になるのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

電力自由化“先進国”イギリスの電力会社のホームページには、興味深いキャッチコピーが並ぶ。例えば「最初の3カ月は無料」だったり、「契約すれば○○ポンドの商品券」だったり。

まるで携帯電話の契約そのものだが、彼ら英国民にとって電力会社を選ぶということは、実際それくらいカジュアルだ、ということだ。そして2016年4月以降、こうした風景は、日本でも見られるのかもしれない。

WIRED.jp上「公開質問」:質問はこちらから

電力自由化すると、何が起きるのか。民間電力会社のトップシェアを誇るエネットの社長に、訊いてみる。「料金が安くなるのか?」「なにかいいサーヴィスを期待できるのか」「不平等は起きないのか」…。ぜひリンク先よりお送りください。WIRED編集部が代わりに、インタヴューしてきます(※締め切り:3月9日(月))。

日本でも2000年、04、05年と、電力自由化は段階を踏みながら進んできた。工場や高層ビルといった「特別高圧」電力需要から「高圧」電力需要へ。そして来年、一般家庭の「低圧」電力についても自由化される。つまり、このときからぼくらは、自分の目で電力会社を選び取ることになるのだ。そのとき考えるのは料金のことだけではなく、その電力が何から生まれているかという選び取り方もあるだろう。あるいはその周辺で生まれるサーヴィスもあって、さらに考えを進めれば、そこにビジネスのにおいを嗅ぎつけることだってできそうだ。

電力自由化で何が起きるのか知りたい。そう考えたとき、『WIRED』はエネットという企業に目をつけた。電力事業に新規参入してトップシェアを獲得している新電力会社だ。今回、同社の社長を担ぎ出し、率直な質問をぶつけてみようと考えた。そして、せっかくの機会なので、読者からの疑問も集めることにしたのである。

質問は、下記より募集中している。ほんの些細な質問から、大きな話まで、ぜひ連絡を。またお送りいただく際の資料代わりに、このページ(「電気を選ぶ.jp」)を参考に。いただいた質問をインタヴューで実際に質問し、3月27日公開の記事で皆さんと共有します。

質問はこちらから