ファーマーズマーケットをオンライン化するスタートアップ「Bonativo」

写真拡大

英国では、食品支出が減少するなかで、有機農産物の売上は増大し続けており、2014年には4%増えて18億6,000万ポンド(3,400億円)となった。ベルリンに本拠地を置くスタートアップもネット参入する計画だ。

「ファーマーズマーケットをオンライン化するスタートアップ「Bonativo」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ベルリンを本拠地とするスタートアップ、Bonativoがもうすぐ、ロンドンのファーマーズマーケットをネット展開する。地元の食材を持続可能性の高い方法で入手できるようにすることが狙いだ。

Bonativoは、有機食材と自由飼育の畜産物を中心に、ロンドンとその周辺地域から集められた商品500点以上を販売する。

出店する店舗は、イングランド東部にあるリンカンシャーで農場を家族経営している「Ted’s Veg」(上の写真)から、ロンドン中心部で天然蜂蜜を製造している「Local Honey Man」までさまざまだ。このサーヴィスを利用すれば、次のファーマーズマーケットの開催日や場所に関係なく、地元で生産された食品を入手できるようになる、とBonativoは述べている。

関連記事:「地元食材のアマゾン」を目指す「Good Eggs」

農産物は、パン・菓子類、果物と野菜、肉と魚、飲料などのカテゴリーに分類される。注文品は2日以内に調達され、配達は現在、ロンドンのゾーン1と2の全体と、ロンドン南西部の郵便番号の全地域で利用できる。

注文は30ポンド(約5,500円)から受け付けるシステムになっており、ウィンブルドン近くのサマーズタウンにあるBonativoの倉庫から発送される。

また、12ポンド(2,200円)の季節の野菜ボックス、25ポンド(4,600円)の肉の詰め合わせボックス、28.5ポンド(5,300円)のディナーパーティ用チーズ盛り合わせなどのセットを購入することもできる。

英国、特にロンドンでの競争は熾烈なものになるだろう。「Aunt Bessie」ブランドのヨークシャープディングを手掛ける企業が運営する「Abel & Cole」の登場以来、FarmdropLocal GreensHello Freshのような同業者が加わり、さらにRiverfordなどの農業企業も参入している状況だ。

英国における有機農産物の売上は近年増大し続けている。2014年は4%増えて18億6,000万ポンド(3,400億円)となった。この成長は、消費者食品支出が1.1%減少し、食品価格全体も1.9%下落している状況に逆らうかたちだ(英国は、有機食品市場の大きさで世界第3位とされる。1位は米国、2位はドイツ。なお、日本における規模はこれらの国と比べて非常に小さい。平成19年の調査では、米国が約2兆1,300億円、ドイツが8,500億円、日本は約150億円)

Bonativoの共同創立者クリスティアン・エガートはWIRED UKに対して、オンライン・ファーマーズマーケットのアイデアは15歳のときに思いついたと語ってくれた。

「わたしはハンブルク近郊で育ったが、母は必ず地元の農家から買っていた。ある日母は、なぜオンラインで買えないのかしらね、と尋ねたが、ドットコムバブルがはじけた直後だったので、そうしたビジネスを始めるのには難しい状況だった」

その後エガートはベルリンで、ファッションや航空機やモバイル決済など、さまざまな業種の新興企業で働いた。14年にオンライン・ファーマーズマーケットを始める機会があり、15年1月にベルリンでBonativoを立ち上げた。ロンドンは、同社の最初の展開先として当然の選択だったという。今後は、ロンドン以外の英国都市や、欧州のほかの国の都市への展開も考えているという。

TAG

FarmingFoodOrganicFoodWiredUK