『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 <br />©Makoto Sasaki

写真拡大

何かと何か、誰かと誰か、誰かと自分を比較せずにいられないのが人間の性(さが)なのかもしれない。悲しいけれども……。比較の末、生まれるマジョリティとマイノリティ。その境界線をテーマのひとつにした映画『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』が2月14日からアップリンクで公開。マジョリティとマイノリティの境界線についてちょっと考えてみませんか?

「アイドルvsAV監督」悪ノリはどこまで通用!? 掟破りのドキュメンタリー『劇場版BiSキャノンボール2014』が凄い理由


マイノリティとマジョリティの“ボーダーライン=境界線”って何? 誰がそれを決めているの? なにをもって健常者=マジョリティ、ハンディキャップのある人=マイノリティといえるのか? どこかタブー視されがちなテーマに果敢に挑むひとりの映像作家がいる。

映画監督・佐々木誠。視覚障害者による映画作りを目指した『INNERVISION』、障害者の性に果敢に切り込んだテレビドキュメンタリー『バリアフリーコミュニケーション 僕たちはセックスしないの!?できないの!?』など、彼は賛否両論を巻き起こす作品を発表し続けてきた。最新作は、ある意味、“境界線”をめぐる旅を続けてきた彼の集大成。果たして、彼が導き出した“境界線”の答えとは?

■始まりは小学校時代、仲良しグループへの違和感

身体的障害、視覚障害など、様々なハンディキャップを抱える人と付き合い、彼らとともに映画を作ってきた佐々木監督。いわゆる健常者と障害者の間にある微妙な隔たりに興味を抱いたきっかけは、小学生時代の体験にあるかもしれないという。

「親の仕事の関係で、僕はとにかく転校ばかりしていた。クラスに馴染んだところで、すぐ転校の繰り返し。だから何か学校に自分のホームとうか居場所がない。自分の意識がどこかマイノリティなんです。で、転校を重ねていくと世渡り上手になるというか。まあ、これは自分の性格もあると思うのですが、クラスっていくつかのグループに分かれてるけど、どこにも属さない。悪がき連中との付き合いもあれば、いじめられっ子とも普通に接する。でも、周りはそれをあまりよしとはしない。“それってなんで?どっかに属さないと自分は認められないの”とすごく違和感を覚えていたことに最近になって気づいて。その体験がいまにつながっているのかもしれません」

■ハンディキャップ=マイノリティって失礼じゃない?

そもそもハンディキャップのある人々との付き合いは偶然から。ある仕事での出会いからスタートした。それまではたとえば障害者をテーマにした作品作りなどまったく考えていなかったという。

「かれこれ8年ぐらい前だったと思うのですが、仕事でいったあるイベントで、障害者の人と仲良くなったんです。今回の映画にとんでもなくロックな(笑)車イスに乗って登場している、門間(健一)さんとか。それで飲みに行ったことがあったんですけど、そのとき、たまたまヘルパーを連れてこなかった人がいて、彼がトイレに行きたくなった。周りをみたら、自分しか手をかせる人間がいない。ですから、もう、やるしかない。で、トイレを手伝ったんです。介護士の仕事ってこんな感じなのかなぁと思いながら(笑)。

それで後日、知人と会ったとき、流れからこの話になって。すると、彼にものすごく驚かれた。彼曰く、“そうなったらたぶん仕方なく手伝うとは思うけど、それ以前にそういう場には行かない”と。このことがすごくショックだった。これまでの付き合いから、彼も決して悪い人間じゃない。でも、そういうふうにハンディキャップのある人=マイノリティであって、おれたちとは違う、別世界の人と決めつけている気がして。“この考え方ってどうなの?”と思ったのがすべての始まりだった気がします」

■障害者のセックスに触れることってほんとうにタブーなの?

今回の映画『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』で佐々木監督が挑むのは、マイノリティとマジョリティの境界線を、虚実を交えながら3部構成で考察していく試みだ。

虚構の人物とも本人ともとれる「ワタシ」がストーリーテーラーとなって、ある容疑をかけられた精神に問題を抱えた青年、重度の身体障害を抱えた者、アメリカ人留学人女性らと対峙。正気に保たれているか、常軌を逸したかを決めるのはどこ? 健常者だけど性的不能と障害はあるけどセックスはできる、これってどっちがマイノリティなの?といった、きわどいお題にアプローチしていく。その中でもっともあらわになるのは、社会ですでに共通認識されてしまっている“勝手な思い込み”かもしれない。

「たとえば、障害者の性を扱うだけで“問題作”というキャッチがつくのって、たぶんハンディのある人=マイノリティで守られるべき人、またはハンディのある人=天使もしくは聖人君子的存在=セックスとは無縁、極論かもしれないけど、そんなイメージがどこかあるからだと思うんです。でも、ちょっと考えればわかるように、彼らと僕らも心は変わらないんです。相手のことが気になれば恋もするし、好きになればセックスを求めたくなる。人として普通のことですよ。恥ずかしながら僕の周りの障害者の友人の方が、僕よりセックスライフが充実していましたから(笑)。

ただ、そういうことが今の社会通念だとナシにされてしまう。たとえば自らの身体的なハンディを、鼻が低いとか健常者で言うとちょっとしたコンプレックスぐらいにしか思っていない障害者もいる。勝手な思い込みって世の中にはいろいろとあるけど、それにしてもハンディのある人は、あまりに固定されたマイノリティのイメージでくくられすぎている気がしてならない。常に思います。“それをもう少し変えられないか”と」

■恋愛、セックス、劣等感、それは誰もが求め抱くものだ!

さまざまな体験を経た佐々木監督は今、こんなことを考えているという。

「マイノリティとマジョリティ、マイノリティのセックスなど、いろいろなテーマに取り組んできましたけど、僕が思うのは繰り返しになりますけど“誰もが恋をするし、人間の本能の欲求としてセックスを求める。そして、誰もが自分には何かしらの劣等感を抱いている”ということ。そこにマジョリティとマイノリティの境界線はない。そもそも世の中、そんな簡単に線引きできないのではないでしょうか? 作品を通して、世の中にある常識やイメージがはたして正しいものなのか? 自分が社会を見る目が狭くなっていないか、考えるきっかけになってくれたらうれしいです」