画像はTakuyaさん(@STYLE_S_Takuya)のツイートより

写真拡大

1980年から累計4億3,400万個以上が販売され、長年多くのファンにより愛されてきた「ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」が、今年で生誕35周年を迎える。

その記念企画の一環として6月に発売予定の「HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン」に、なんとあの絶対領域が存在するとか。その真相に迫る人が現れ、Twitterで話題になっている。

あれ? この付け根の部分ってもしかして……


HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン(画像はGUNDAM.INFOより)/(C)2015 sunrise Inc, All rights reserved.

HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン(画像はGUNDAM.INFOより)/(C)2015 sunrise Inc, All rights reserved.



本製品は、1999年に発売された「HGUC」シリーズ第1弾のガンプラ「RX-77-2 ガンキャノン」を最新仕様にリニューアルしたもの。

スタイリッシュなデザインに生まれ変わりながらも、メリハリのついた曲線で重厚感あふれるプロポーションを見事に再現しているが、どうも太ももの付け根の球体が気になる。

そして、この球体に目をつけたガンプラビルダーのTakuyaさんは、あらぬことを想像してしまった……。

画像はTakuyaさん@STYLE_S_Takuya)のツイートより

画像はTakuyaさん(@STYLE_S_Takuya)のツイートより



スカートとニーソックスの間に現れる艶かしい太もも、男子諸君であれば誰もが憧れる不可侵領域……そう、この太ももの付け根の球体を絶対領域に見立てて着色してしまったのだ。



重層なボディに燦然と輝く絶対領域……Twitterでは「最高っす。エロいっすw」や「ガンキャノンがふくよかな女性に見えてきた…」といった感想が寄せられている。

この(いろんな意味で)強力な絶対領域は、世のガンプラビルダーたちの注目を集めたことは間違いない。