車に乗ってすぐに気分が悪くなる

写真拡大

春の行楽シーズンは家族でドライブする機会も増える。注意したいのは子どもの車酔い対策だが、どうすることが最適なのか。

車専用消臭芳香剤「ファフブリーズ クルマ イージークリップ」を販売するP&Gは、車酔いする子どもを持つ親へのアンケートと親子へのインタビュー調査を実施、2015年2月26日に結果を発表した。

「車の中に入った瞬間にオエッ」

「子どもが車に乗ってすぐに気分が悪くなったことがあるか」を聞くと、「よくある」「時々ある」「たまにある」を合わせて91.0%となった。車酔いというと、坂道や曲り道など振動が多いところの走行中を思い浮かべがちだが、乗ってすぐに気持ちが悪くなる子も少なくないようだ。

インタビュー調査でも子ども達からは、「車の中に入った瞬間にオエッとなって、臭いって言うか、一発で酔う。(小3女子、東京都目黒区)」「(車酔いの)原因は大体ニオイだから。わかってる(小3女子、神奈川県川崎市)」などの声が集まった。

東京西徳洲会病院小児センター顧問の二瓶健次氏は、調査結果を受けて

「車に乗ってすぐ気分が悪くなるのは、本来の車酔いではありませんが、車に乗って酔った、ニオイが苦手だったという記憶から、車に乗りたくないと感じ、車に乗った途端に気持ち悪くなることはあります。そして、この気持ち悪さがきっかけとなり、車酔いしてしまうこともあるでしょう」

とコメントしている。

また、アンケート調査では「車内のニオイは車酔いに影響すると思うか」という問いに、「大きく影響する」「やや影響する」と回答した親が94.3%を占めるが、車内のニオイケアが「しっかりできている」親はわずか1割(11.0%)で、4人に3人は「ケアしたいがおろそかになりがち」(74.7%)と回答している。十分に対策しきれていない車のニオイ対策。どのような対策をするのが最適なのだろうか。

二瓶医師は、「ニオイが車酔いの原因であれば(1)ニオイを元から消臭する(2)車内の空気を入れ換える(3)タバコや香水などのニオイの出るモノは置かない――を心がけてください。ニオイのもとから消臭できるものという条件付きですが、香りにはアロマテラピー効果もあるため、その子の好みの香りのタイプの消臭・芳香剤を利用するのもよいかもしれません」と語る。「ファブリーズ イージークリップ」のような、ニオイの元から消臭する消臭・芳香剤は、ニオイ対策の1つとして有効なのかもしれない。

アンケートは1月15〜19日にインターネットで、車に酔うことがある4歳から小学校3年生までの子がいる母親200人と父親100人の計300人を対象に実施。またインタビュー調査は14年12月21日に、小学校3年生までの車に酔うことがある子とその母親、計12人に行った。