「カモメがどう滑空するか」を視覚化した動画

写真拡大

「Adobe After Effects」の「エコー」機能を利用して、鳥の飛行経路を視覚化した動画を紹介。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「「カモメがどう滑空するか」を視覚化した動画」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-test3

2/3

03-test4

3/3

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01-test2

02-test3

03-test4

イギリスの動画カメラマン、パーカー・ポールが作成したこの動画は、カモメの飛行経路を示している。飛行経路の視覚化には、「Adobe After Effects」の「エコー」機能を利用している。このエコー機能により、一定の短い間隔で、それぞれのカモメのクローンを作成し、カモメが滑空する飛行経路に軌跡が残る仕組みだ。

鳥の動きをコマ送りにしたのは、ポール氏が初めてというわけではない。ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(ロードアイランド造形大学)の映画・アニメ・動画学部で教えるデニス・フリンスキーも、以前から同じ手法で同様の動画を作成している(以下の動画)。

今度、浜辺でカモメに昼食を食べられそうになったら、目に見えないカモメの舞いを思い出してみよう。

TAG

MovieVideoVisualizationWIRED