■厳選!佐野弘宗の新車のツボ

 今回もまた"500"である。この連載も今回で97回目になるが、スポーツモデルのアバルトも含めると、フィアット500系を取り上げるのは今回で4回目。しかも、前回取り上げたアバルト595コンペティツィオーネ(第94回参照)から、まだ1か月半しか経っていない。

 今回の500Sにしても、特別に新機軸が注入された500というわけではない。大まかにいえば、第10回で取り上げた0.9リッターのツインエアエンジン車のMT版。車名末尾の"S"は一応、スポーツという意味なので、ボディ前後にスポイラー風の仕立てが加えられて、アルミホイールもちょっとだけスポーティになっている。また、内装でもステアリングホイールがアバルトと共通形状の握りごたえのあるタイプとなり、シート表皮がジャージ風の滑りにくい生地になったりもしている。

 しかし、誤解を恐れずいえば、それだけだ。普通の500に対してSっぽいのは見た目だけで、エンジンやサスペンション、タイヤサイズは第10回のラウンジと基本的に共通。明確なちがいといえば、前記のように、2ペダルの自動式だった5速ギアボックスが、3ペダルの手動式になっただけの話である。

 しかし、昨年末に細部の仕様変更があり、それを機にたまたま500Sに乗ったら大感動。もう辛抱たまらず......というのが、性懲りもなく、また500を連れ出した真相である。

 以前も書いたように、フィアットの2ペダル自動MTは、同種のものとしては優秀で可愛げがあるタイプで、それなりに面白い。しかし、「乗り甲斐」という意味なら、根本的に両手両足を総動員する3ペダルMTのほうがツボなのは自明の理。

 しかも、2気筒という世界的にもレアなエンジンは、低回転ではブルンブルンと明確な振動があるいっぽうで、3000rpmくらいからいよいよ粒がそろって、震動もおさまって、ビィーンという独特のビート音に変わっていく。こうなるとターボも本格稼働。2000rpm以下では騒々しくてパンチにも欠けた印象が一転、6000rpmまでどんどんパワフルに勢いよく吹け上がっていくのだ。

 電動モーターのようにほぼ無振動なフラットトルクなエンジンが増えるばかりの昨今にあって、これほど"美味しい領域"がハッキリしていて、回転上昇に応じてドラマを演じるエンジンは本当にめずらしい。そんなキャラの濃いエンジンの能力を、自分の才覚でMTを駆使して存分に引き出せた瞬間の気持ち良さといったら......もうたまらない。

 基本的にコンパクトでメカニズムもシンプル、そしてタイヤ4本のスタンスも"小股"のフィアット500は、乱暴な運転に寛容ではない。500Sはタイヤサイズもごく普通で、タイヤ銘柄もなんてことはないエコタイプなので、基本に忠実なブレーキングや加速を意識して、荷重移動をうまく使わないと、きれいな弧を描く走行ラインにはならない。

 ただ、すべての運転タイミングがピタリと決まってきれいなラインで走れると、とてつもなく快感である。そういう繊細な運転を意識するほど、アバルトと共通のステアリングや、身体に吸いつくように滑らないシート表皮による肌触りの微妙なちがいも、すごくありがたく思えてくる。

 そう、500Sはエンジンも変速機も、フットワークも"うまい運転のツボ"がギッシリ詰まったクルマなのである。「運転免許を取得して1年未満の初心者は500Sに乗ることを義務づける」みたいな法律ができたら、ホント、日本人はみんな運転がうまくなって、クルマ好きになるだろうな......なんて、荒唐無稽な妄想すらしてしまう。

 さて、フィアットは地元欧州ではさしずめ日産やホンダに匹敵するフルラインメーカーなのに、日本市場では「フィアットジャパンというより、500ジャパンかよ」とツッコミたくなるほど、500偏重の販売戦略を採る。

 それはフィアット好きにはちょっと寂しい現実ではある。しかし、この500Sみたいな一部マニアのツボにぶっ刺さる500が日本で手に入るのは、そんな一点集中の戦略だからこそ......の側面もあろう。うーん、複雑な気分。

 シツコイようだが、500Sは客観的にいえば特別な500ではない。でも、ホンの些細なちがいで、走りのツボ度がこれだけビンビンに跳ね上がるのだから、クルマは面白い。

佐野弘宗●取材・文 text by Sano Hiromune