cyber_gakuen_01

写真拡大

2000年に千葉県初の私立通信制高校として開校し、一人ひとりの学力に合わせた“基礎学力向上カリキュラム”や単位制のカリキュラム編成などの特徴がある花沢学園明聖高等学校が、日本初となるバーチャルスクール“明聖サイバー学習国”を2015年4月1日に開校。PC・タブレット・スマートフォンで授業やテストを受けることができるだけでなく、アバターを作って高校生活を楽しむことも可能となっています。



“明聖サイバー学習国”の最大の特徴といえるのが、自分のアバターを作ってバーチャルなスクールライフを送ることができること。オープンチャットでほかの生徒と会話ができたり、魚を釣ったり作物を栽培したりすることもできます。

ユニークなのは、学習・栽培・釣り・あいさつなどでポイントが得られるようになっていること。そのポイントを使って、服・家具・家などの装飾物や、ペットを購入することが可能です。



アバターパーツは200以上。髪型、目、鼻、口、服装など気分に合わせて追加変更が可能です。『アメーバピグ』のような感覚でお着替えするといった楽しみ方もアリかも。

アバターは、うれしい・楽しい・悲しいなど約20種類の感情表現が可能。また、写真撮影機能もあります。



肝心の授業はというと……。毎日約20分間の授業動画で実施。動画のダウンロードやストリームで、繰り返し見直すこともできます。



動画授業を終えた後には、サイバーチェック(確認テスト)を実施。すぐに習熟度が分かります。ゲーム感覚で行える計算・漢字・英単語などのミニテストアプリがあり、ここでポイントを獲得することもできます。新しいアバター欲しさに高得点を狙う、という学生も出てきそう。



入学方法も“サイバー”。自己PRや「どのように取り組んでいこうと思っているか」「卒業後の進路」を語る1分間程度の動画をPCやスマホなどで撮影し、ウェブからの出願や面接を実現しています。

また、文部科学省により高等学校等修学支援金制度が適用され、“開設初年度特別減免適用”となるために、開設初年度は実質授業料が無料とのこと。入学に年齢制限はなく、在籍年数3年で74単位以上習得、HRなどの特別活動といった要件を満たせば明聖高等学校通信制課程普通科の卒業資格を得ることができます。

“明聖サイバー学習国”では、2015年3月10日の23時59分まで体験入学キャンペーンを実施中。バーチャルで授業やテストだけでなくスクールライフも送れちゃうという未来すぎる学園の様子をのぞいてみたいという人は応募してみてはいかがでしょうか。

明聖サイバー学習国 オフィシャルホームページ
http://www.meisei-hs.ac.jp/cyber/