ポストに薬が届く日が来る?

写真拡大

日本郵便(東京都千代田区)とココカラファイン(神奈川県横浜市)は2015年2月23日、医薬品の通販事業を連携して行うことを発表し、日本郵便の通販サイト「郵便局のネットショップ」上に、ドラッグストア専用ページを開設した。

取り扱う商品は指定第2類、第2類、第3類医薬品、医薬部外品、健康食品、化粧品、日用品など約7000アイテム。利用者が体質や生活に合った薬を確認できる問診チェック機能が用意され、薬剤師が土日祝日も常駐し電話での個別相談に対応する。

支払方法はクレジットカード、コンビニ前払い、Pay-easy、代引きのほか、ゆうちょ銀行の総合口座とキャッシュカードを持っていれば、口座から直接決済できる「ゆうちょ即時振替サービス」も利用できる。

注文した商品はゆうパックで配達されるが、今後、郵便局受け取りも実施する予定だという。