業界最大・6TB HDD内蔵 放送日を過ぎても後から見られる

写真拡大

東芝ライフスタイル(東京都青梅市)は、指定したチャンネルの番組をまるごと録画、視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載したブルーレイレコーダー「レグザサーバー DBR-M590」を、2015年2月27日に発売する。市場想定価格は20万円前後(税別)。

外出先でも録画番組をスマホ/タブレットなどで見られる「おでかけいつでも視聴」対応

業界最大という6TB HDD(ハードディスクドライブ)を装備し、地上デジタル放送、BS放送、110度CS放送から9チャンネル分を選び、放送番組を最大約15日分まるごと録画できる。市販のUSB HDD(2TB)を2台増設すれば、9チャンネル分の放送番組を最大約27日間録画できるという。

デジオン提供の専用アプリ「DiXiMプレイヤー」(Android/iOS対応)をインストールしたスマートフォン/タブレットや、「TVコネクトスイート」をインストールした東芝製パソコン「dynabook」一部機種で、番組の持ち出しや、「タイムシフトマシン」録画番組などが外出先で視聴できる「おでかけいつでも視聴」が利用できる。新たにリアルタイム番組のライブ視聴も可能になった。録画番組のバックアップや引越しが行える「SeeQVault(シーキューボルト) HDD」も対応する。