●箱の花嫁

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)2015 イク二ゴマモナカ/ユリクマ二クル

<キャスト>

百合城銀子:荒川美穂
百合ヶ咲るる:生田善子
椿輝紅羽:山根希美
ライフ・セクシー:諏訪部順一
ライフ・クール:斎賀みつき
ライフ・ビューティー:山本和臣
泉乃純花:小倉唯
百合園蜜子:悠木碧
百合川このみ:小清水亜美
針島薫:日笠陽子
箱中ユリーカ:井上喜久子
椿輝澪愛:遠藤綾
鬼山江梨子:伊瀬茉莉也
赤江カチューシャ: 伊藤美来

●ストーリー

あるとき、宇宙のかなたで『小惑星クマリア』が爆発した。
こなごなになったクマリアが流星群になって地球に降り注ぐと、何故か地球上の『クマ(熊)』が一斉に決起し、人類に襲いかかった!『ヒトVS クマ』クマはヒトを食べ、ヒトはクマを撃ち、果てのない戦いと憎しみの連鎖。やがて、ヒトとクマの間には巨大な『断絶の壁』が築かれ、互いに不可侵な状態となった…。

ヒトの世界。
ある朝、嵐が丘学園の生徒、椿輝紅羽(つばき くれは)と 泉乃純花(いずみの すみか)は二人きりで花壇に咲いた「百合の花」を見ていた。二人は『友だち』であり【 恋人 】。花壇は二人にとって大切な場所なのだ。見つめ合う二人。そのとき【クマ警報】がけたたましく鳴る!クマがヒトの世界に侵入し、ヒトが襲われたのだ!
そのクマは果たして…?謎が謎を呼ぶ怒涛の連続!『ユリ熊嵐』が華麗に開幕!
●オープニング
椿輝紅羽「見つけた。貴方が友達、あの子だったのね。」


百合城銀子こそ椿輝紅羽が幼少の頃に出会っていた友達だったのですが、彼女の胸には母・椿輝澪愛のペンダントが!
椿輝紅羽「どうして?そのペンダントを持っているのはお母さんを殺したクマだけのはず!」
●箱中ユリーカの過去

約20年前、捨てられていたクマ。そのクマこそ箱中ユリーカ。彼女は正に箱入り娘として大事に育てられていました。ところが彼女を救ってくれた恩人が立ち去ろうとしたとき、その恩人を食べてしまいます。

箱中ユリーカ「大事なものは箱にしまわなきゃ。箱に入れなきゃ汚れてしまう。」

それからの箱中ユリーカは嵐が丘学園を新たな箱とし、そして出会ったのが椿輝澪愛。

箱中ユリーカは椿輝澪愛の全てがスキとなりました。しかし、17年前に椿輝紅羽が生まれたとき、それは全てが覆されてしまいました。

箱中ユリーカ「わたしはスキを諦める。」

そして、百合城銀子がやってきて椿輝澪愛がペンダントをプレゼントした事をきっかけに、

箱中ユリーカ、椿輝澪愛を食べる!


それでも、箱中ユリーカの飢えは満たされませんでした。
●箱の花嫁
箱中ユリーカ「百合城銀子と百合ヶ咲るる、あの2人は人に化けたクマだったのよ!」


椿輝紅羽は母の仇と見た百合城銀子を殺害することを決意します。

そして椿輝紅羽が屋上に向かうと箱中ユリーカと百合城銀子が!

箱中ユリーカ「あの娘が澪愛の仇よ。」
椿輝紅羽「貴方がお母さんを食べたのね!」
百合城銀子「食べてない、がうがう。」


躊躇う椿輝紅羽、百合城銀子は真実を打明けます。

椿輝紅羽「私はあの子を撃てない…。」

漸くやってきた百合ヶ咲るる。彼女は、

百合ヶ咲るる「銀子は純花ちゃんに大きな罪を犯した。それは…。」
椿輝紅羽「私はクマを許さない!」

「ユリ熊嵐」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

 

【ライター:清水サーシャ】

 

【関連記事リンク】
【アニメ】「ユリ熊嵐」第7話「私が忘れたあの娘」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第6話「月の娘と森の娘」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第5話「あなたをヒトリジメにしたい」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第4話「私はキスがもらえない」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ユリ熊嵐」第3話「透明な嵐」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ユリ熊嵐」TVアニメ公式Webサイト
「ユリ熊嵐」AT-X公式Webサイト