写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2月26日に発売されるアクションRPG『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』(PS4/PS3)の完成披露発表会が25日、都内で行われ、『ドラクエ』の生みの親である堀井雄二氏、声優を務めた俳優の松坂桃李、桐谷美玲、歌舞伎俳優の片岡愛之助らが登壇した。

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』は、『ドラゴンクエスト』シリーズのスクウェア・エニックスと、コーエーテクモゲームスで『無双』シリーズを手がけた開発チーム「ω-Force(オメガフォース)」がタッグを組んだアクションRPG。鳥山明氏がデザインしたキャラクターやモンスターが画面内で縦横無尽に暴れ回り、大迫力で爽快感あふれる呪文や必殺技がリアルなグラフィックで再現。声優には、男性主人公に松坂、女性主人公に桐谷、ボスキャラクターのヘルムードに愛之助を起用するなど、多方面で話題となっている。

発表会には、堀井氏とコーエーテクモのゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウ氏が登場。コーエーテクモとの共作について堀井氏は「実はシブサワさんと直接お会いしたのは、数年前のE3(Electronic Entertainment Expo)。その時、いつか一緒にドラクエのアクションゲームを作りたいねと話したことがきっかけ」と経緯を説明した。そして完成した本作を「歴代キャラが登場するが、本当にそれぞれいい動きをしていて素晴らしい」と大絶賛。

また、シブサワ氏は「開発から4年。ようやく発売にたどり着いた。堀井さんと仕事ができたことは一生の宝物」と振り返り、堀井氏と熱い握手を交わす。さらにシブサワ氏は「本作は"ドラクエ命"の精鋭スタッフで結成し、『無双』シリーズや『討鬼伝』のノウハウを詰め込んだ自信作」とアピール。ちなみにシブサワ氏は、開発中のゲームをプレイしており、お気に入りキャラは、魔法が得意な「ゼシカ」。必殺技である「セクシー・ビーム」を連発しているという。

そして声優を務めた松坂と桐谷がステージに登場。まず「ドラクエに参加できたことは本当に光栄。一生の思い出です」と喜びを噛みしめた松坂は、主人公の声優を演じるにあたり、プレッシャーがありながらもワクワク感がこみ上げたという。また、桐谷もオファー当初は不安だらけだったものの「声優をやるからには楽しみたい。メイアはこうして喋ったり笑ったりすることを皆さんにも共有してもらいたかった」と参加への思いを吐露。本作のすべてのアフレコに立ち会い、声優陣の必殺技や呪文名などのイントネーションの演技指導なども務めた堀井氏は、松坂と桐谷の演技に対して「台詞にない、走ったりする際の息遣いなども非常にうまく、キャラが活きてきたことを実感した」と太鼓判を押している。

また、歴代の『ドラゴンクエスト』シリーズでお気に入りのタイトルについて松坂は「『ドラクエ6』を家にこもってプレイしていた。セーブして電源を切ると時間ももったいないほどだった」、桐谷は「『ドラクエ9』です。電車の中ですれちがい通信するのが楽しみで、大学でもドラクエトークで盛り上がっていた」と、それぞれに"ドラクエ愛"を爆発させていた。

そして、サプライズゲストとして、本作のボス・ヘルムードを演じる片岡が登壇。片岡も松坂や桐谷同様、ドラクエの大ファンであり、ファミコン版の『ドラクエ1』『ドラクエ2』では「ふっかつのじゅもん」の書き止めを何度も間違え、メモ中に母親に掃除機でファミコン本体をアタックされたりといった"ドラクエあるある"を連発。また、堀井氏との初対面した際、片岡は持ち歩いていたニンテンドー3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』を何百時間もプレイしていることを話し、さらにサインも貰ったことを告白。声優のオファー時は「人生で一番うれしかったと言っては過言かもしれませんが、それくらいうれしかった。めちゃくちゃ誰かに言いたかったけど、(情報解禁日もあるので)誰にも言えずウズウズしていた」と参加できた喜びを吐露した。

アフレコの際、堀井氏からは「魔王の怖さや威厳、余裕などを出してほしい」との要望があったという片岡。「声の演技は難しかったですが、堀井さんの指示に従いました」と振り返ると、MCから「魔王が堀井さんに従ったわけですね」とツッコミが入るも「いえいえ。堀井さんは大魔王ですから」と切り返し、会場から喝采を浴びていた。

(C)2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(担当ぱぴい)