NASAが開発した「火山探査ロボット」

写真拡大

NASAのジェット推進研究所は、火山の「噴火割れ目」の中に入り込んで調査を行うロボットを開発している。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「NASAが開発した「火山探査ロボット」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02_150225

2/3左側は全長30cmの「VolcanoBot 1」、右側は全長25cmの「VolcanoBot 2」。

03_150225bot22

3/3VolcanoBotを開発したNASA「ジェット推進研究所」(JPL)のポスドク研究員キャロリン・パーチェタは、幼いころから火山に魅了されてきた。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01_150225bot11

ハワイ、キラウェア火山の溶岩洞(火山噴火に伴う溶岩流出により生成される洞窟)の中を進む「VolcanoBot 1」。データから地形の3Dマップをつくる。2014年5月撮影。

02_150225

左側は全長30cmの「VolcanoBot 1」、右側は全長25cmの「VolcanoBot 2」。

03_150225bot22

VolcanoBotを開発したNASA「ジェット推進研究所」(JPL)のポスドク研究員キャロリン・パーチェタは、幼いころから火山に魅了されてきた。

カリフォルニア州パサデナにある米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)が、「噴火割れ目」の中に入り込んで調査を行うロボットを開発した。

探査機「VolcanoBot 1」の初めてのミッションは、2014年5月に、活火山ではあるが、いまはそれほど活動が活発でないハワイのキラウエア火山の探索が行われた。15年5月にも探査を計画している。

VolcanoBot 1は、幼い頃から火山に魅了されてきたJPLのポスドク研究員キャロリン・パーチェタのアイデアから生まれたという。

パーチェタ氏によれば、マグマの噴出によってできる噴火の割れ目は、地球でも火星でも、最もよく見られる地形的特性だという。同氏は、木星の衛星「エウロパ」や、水星、そして月にあるかつて活動していた火山でも、この探査ロボットを使用できるはずだと述べている。

bot44

TAG

DroneResearchRobotVolcanoWiredUK