民主党 昨年12月の衆院選の総括案を提示「実質的な敗北」

ざっくり言うと

  • 民主党は25日に両院議員懇談会を開き、昨年12月の衆院選の総括案を提示した
  • 73議席と低迷した選挙結果について「実質的な敗北」と結論づけた
  • 候補者擁立の少なさが「民主党の存在感を低下させた」とも指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング