写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャストシステムはこのほど、「"男性の美活"に関するアンケート」の結果を発表した。同調査は2月13日〜16日、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」のモニターである20〜40代の男女600名を対象にインターネット上で実施したもの。

スキンケア用品を日常的に使っている男性は「30代」が最も多く、59.0%を占めた。次いで「20代」(58.0%)、「40代」(40.0%)という結果となっている。また、デオドラントケアをしている男性も「30代」(76.0%)が最も多く、「40代」(66.0%)や「20代」(64.0%)を大きく上回った。

また、スキンケアを行う30代男性は、女性用アイテムを使う割合も他の年代より高く、「美容液」使用者の50.0%、「オールインワンタイプ」使用者の41.7%が女性用を利用している。

続いて、女性に「男性が化粧品や制汗剤を入れた化粧ポーチを携行することをどう思うか」について質問。その結果、20〜30代前半男性に対しては、34.3%(20代女性に限ると36.0%)の女性が好意的に受け止めていることがわかった。また、30代後半以降男性に対しては、33.0%(20代女性に限ると35.0%)とやや低い結果となっている。

また、「男性が美白のために日焼け止めを使用すること」を好意的に受け止める女性は、20〜30代前半男性の場合は35.0%(20代女性に限ると40.0%)、30代後半以降男性の場合は33.0%(20代女性に限ると37.0%)となった。これらのことから、20代女性は他の年代の女性より、男性の"美活"を全般的に好意的に受け止める傾向が強いことがうかがえる。

続いて「興味はあるが行ったことはない美容サービス」として、22.3%の男性が「歯の美白」をあげた。そこで、女性に「男性が歯の美白サービスを利用すること」について聞いたところ、20〜30代前半男性に対しては49.7%、30代後半以降男性に対しては49.0%の女性が「好意的に受け止める」と回答している。

最後に、スキンケアやデオドラントケアを行う男性にその理由を聞いた。1位は「自分が気持ちがいいから」(46.3%)、2位は「ケアすること自体が身だしなみだと思うから」(42.7%)となり、年代別に見た場合でも同じ結果となっている。3位は、20代男性が「同世代の人よりも若くありたいから」(12.7%)、30代男性が「コンプレックスが解消されるから」(21.3%)、40代男性が「周囲の女性からのチェックが気になるから」(17.9%)と、年代ごとに異なる理由があがった。