山田孝之が親友・綾野剛とアパートで過ごした熱い夜 in赤羽
 東京の赤羽を舞台にした漫画『ウヒョッ!東京都北区赤羽』(清野とおる著、双葉社)。実在する奇想天外な住民たちと清野さんの交流を描いた実録エッセイ漫画で、赤羽ではあの『ONE PIECE』(集英社)よりも売れているぐらい人気があります。

 実は俳優の山田孝之も、作品に魅了されたひとり。

 2014年夏、ある映画の撮影中にスランプに陥ってしまった山田は『ウヒョッ!東京都北区赤羽』に出会い、大変感銘を受けます。「赤羽でなら見失った自分を取り戻せる」と直感し、信頼を寄せる映画監督に赤羽での自分の姿を撮影してほしいと依頼する……。

 その山田孝之の苦悩と葛藤を記録した映像は、テレビ東京ほかで『山田孝之の東京都北区赤羽』(金曜、深0・52)として放送されています(2/25現在、第7話まで放送)。

 2004年に“セカチューブーム”を巻き起こした山田孝之は、10年後、役者である自分を見つめ直すため、積極的に赤羽住民と交流しながら自分を模索していました。

 鷹になったり、サイコロマン(赤羽のマスターが昔描いた漫画のキャラクター)になったり。2/13放送では、元イエモンの吉井和哉とコラボしてエンディングテーマ曲の“TOKYO NORTH SIDE”も作りました。

 その姿はおもしろいと同時に、ある意味山田孝之の“狂気”すら感じてしまう……。そんな独特な世界感を持ったドラマの第8話(2/27放送)には、綾野剛が登場。

 赤羽に親友の綾野を呼び出した山田が、あるビルの窓際に立つ「マネキンのRyoちゃん」に会いに行こうと言い出します。

 人気俳優が友人でも尊敬する人でもなくマネキンに会いに行く姿は、テレ東でしか見ることができないお宝映像なのではないでしょうか。

 その後ふたりは、山田が暮らす赤羽のアパートで酒を飲みながら熱く語り合い、これまでの経緯や心境を少しずつ話し始めます。

 番組終了後HP上で、綾野と別れた後の山田の未公開シーンを配信するそうです。期間限定とのことでチェックはお早めに。
⇒【公式】山田孝之の東京都北区赤羽 http://www.tv-tokyo.co.jp/akabane/

<TEXT/女子SPA!編集部>

【山田孝之の東京都北区赤羽】
第8話「山田孝之、綾野剛と語る。」
日時:2/27(金)深0:52〜1:23
放送局:テレビ東京ほか