©Disney ©Disney/Pixar ©Disney. Based on the "Winnie the Pooh" Works by A.A. Milne and E.H. Shepard. ©Konami Digital Entertainment

写真拡大

大人気となっているスマートフォン向けアプリゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」のアーケード版が今春登場!

【プレイ中の画面写真】…この風船を連打して割ると、同種のツムがたくさん出てきて、大コンボにつながるのね ウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

2月13日と14日に開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ 2015」で、試遊してきたレポートをお届けします。

■あのツムツムを大画面で! オリジナル要素も満載! アーケード版「ディズニー ツムツム」

全世界で3700万ダウンロードの大ヒットとなっているスマートフォン向けアプリゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」。

D*MANIA - 消されたツムは世界累計16兆個!「LINE:ディズニー ツムツム」リリース1周年 ディズニー直撃取材 大特集

そんな「ディズニー ツムツム」のアーケード版が、KONAMIから今春稼働予定で、全国のアミューズメント施設でプレイすることができるようになります。

「ジャパン アミューズメント エキスポ 2015」で先行体験できるということで、ディズニーファンの筆者も体験しに行ってみました!

参考:KONAMI ジャパン アミューズメント エキスポ 2015 特設サイト

アーケード版だけの要素が盛り沢山で、スマートフォン版には無い対戦が特に楽しいです! どんなゲームになっているのか詳しく紹介していきます。

「ジャパン アミューズメント エキスポ 2015」は最新のアーケードゲームを紹介するイベントで、2015年2月13日と14日に幕張メッセで開催されていました。

会場に入り、早速KONAMIのブースへ。実機を発見して、ディズニーファンとして気分が高まります。

アーケード版は、白を基調にした爽やかなデザインになっています。大きな画面部分はカラフルに光るようになっていて、アミューズメント施設で稼働した際にはとても目を引きそうな印象をうけました。

■操作方法・ルールはスマホ版ほぼと同じ。プラス、両手二刀流や、友人との協力プレイも可能!!

アーケード版「ディズニー ツムツム」では、ひとりでプレイする “シングルモード” と、ふたりで対戦ができる “対戦モード” が搭載されていますが、まずは “シングルモード” を見ていきましょう。

スマートフォン版「LINE:ディズニー ツムツム」をプレイしたことがある方も多いとは思いますが、ゲームの基本ルールは、同じ種類のぬいぐるみ「ツム」を、3つ以上つなげるだけ!

プレイ中には5種類のツムが登場します。そして、ツムには各キャラクターの持つスキル、いわゆる必殺技のようなものがあり、リーダーツムに選んだツムのスキルだけを、ゲーム中に使用することができます。

他にも大ツムやボム、コンボ、フィーバーといった基本ルールはスマートフォン版と同じで、それを大画面で楽しむことができます!

スマートフォン版と同じルールで遊べるのが、ノーマルです。ベストスコアを目指してひとりでプレイします。

しかしルールが同じでも、アーケード版なら画面が大きく、多点タッチパネルを採用しているので、工夫次第で違った遊び方もできます。

例えば、ひとりで両手を使うというテクニックを使ったり、あるいは友達と協力して、二人以上で一緒にひとつの画面でプレイすることもできるんです。

■“シングルモード” で遊べるバルーンステージやグルグルステージ

さらにノーマル以外にも、アーケード版オリジナルのステージがあります。

「バルーンステージ」は、画面内にバルーンが登場して、そのバルーンを連続でタップすると、バルーンが割れて中に入っているツムが飛び出てきます。

同じ種類のツムがバルーンに入っているので、つなげやすくなって高得点が期待できるステージですね。

いつものようにツムをつなげて消すだけでなく、バルーンも連打しなくてはいけないので、忙しい!

でも、たくさんのツムを一気につなげることができるので、爽快感のあるステージでした。

「グルグルステージ」は、ステージ全体がゆっくりグルグルと回って、ツムたちが動いてしまうステージです。

せっかくつながっていたツムも放っておくと離れてしまったり、逆に動くことでつなげることができたり、予測できない動きが楽しいステージになっています。

■リアルに持ち歩けるツム。ゲーム内で使用するのはもちろん、育てることも!

アーケード版「ディズニー ツムツム」では、オリジナルのツムマスコットが登場し、“リアルマイツム” として持ち歩くことができるんです!

かなり小さなサイズで、ストラップもついているので、持ち歩いていつでも “リアルマイツム” を使って、ゲームができるようになります。

ツムマスコットを手に入れる方法は、ゲーム開始時にマスコットを出すと選択するだけ。

本体の中央部分にカプセルが出てきて、ランダムでツムを手に入れることができます。

もちろんツムを出さずにゲームをはじめることもできます。

最初に登場するツムマスコットは、ミッキー・マウス、ミニー・マウス、ドナルド・ダック、プルート、プーさん、エルサ、アナ、オラフ、リトルグリーンメン、スティッチの全10種のラインナップになっています。

こちらは「vol.1 ツムマスコット」。今後も続々と新たなキャラクターを登場させていく予定だそうです。

ただし! 無くなり次第終了になるものもあるので、欲しい場合は、早めに手に入れることをオススメします。

そのオリジナルツムマスコットはゲーム開始時に、筐体に置いて読み込ませることによって、ゲーム内で使うことができます!

読み込ませたツムの中から、マイツムを選んで、ゲームをスタートさせるシステムになっています。

プレイ中に登場するツムは、マイツム以外がランダムで決定されるスマートフォン版とは異なり、アーケード版ではツムマスコットを5個読み込ませれば、その5個を登場させることができます。

さらに、アミューズメント施設で手に入れることができるe-AMUSEMENT PASSを利用すると、ゲームのプレイデータを保存することができます。

これによりスマートフォン版と同様に、ツムのレベルやプレイヤーレベルも成長させていくことができます。

■ツムマスコットには様々な表情がある!

ところで、このツムマスコット。こちらの写真を見ると、ボード部分で各キャラクターのツムがいろいろな表情をしているのがわかりますよね?

これは実際のツムマスコットも同じように数種類の表情があるからなんです!

笑っていたり、片目を瞑ってウインクしていたりと、同じキャラクターのツムでも表情の違うものが数種類用意されています。

特定のキャラクターが好きな方は、ぜひコンプリートを狙ってみてください!

■アーケード版オリジナルの対戦モードは、盛り上がること間違いなし!

最後に紹介するのは、おまちかねの対戦モードです。

スマートフォン版には無かった、オリジナルのゲームモードとなっていて、この対戦が本当に楽しかった!

対戦モードでは、自分の画面のツムを消すと対戦相手の画面のツムが増えていき、画面がツムでいっぱいになったら負けというルールになっています。

つまり、どんどんツムをつなげて消していかないと負けてしまうので、画面にツムが多くなってきたのときの焦りは尋常ではありません!

ひとりで遊ぶときとは違う、緊張感や興奮を味わうことができます。

■対戦モードには “オジャマボム” が出現

この対戦モードでは、ときどき発生する“オジャマボム”をタップすると、対戦相手を邪魔することができます!

画像のように、対戦相手のツムが一定時間モノクロになるんです。

ツムツムをプレイするときって、色で判断していることがよくありますよね?

同じような色のツムが登場したときは、見分けがつかなくてなかなかつなげられないことがあると思います。

モノクロになると本当に消しづらくて、まさに邪魔されている感覚になります。

対戦相手が消すことができずにいるうちに、一気に自分のツムを消すことができれば、大逆転も可能!

初めてプレイした対戦モードは楽しくもあり、負けないように必死で、思わず真剣にやってしまいました。

育てた“リアルマイツム”を使って、友達と対戦すれば盛り上がること間違い無しです!

「ジャパン アミューズメント エキスポ 2015」では、KONAMIのブースで、アーケード版「ディズニー ツムツム」を紹介するステージも行われていましたが、やはり対戦モードはアツいバトルで盛り上がっていました。

スマートフォン版が大人気となっている「ディズニー ツムツム」なので、遊び方を知っている人も多いと思います。

誰とでも楽しく対戦できる魅力があるこちらのアーケード版、今春に稼働予定となっています。

稼働がはじまった際には、筆者もお気に入りのキャラクター、ドナルドのツムマスコット(もちろん表情全種類)を手に入れるべく通わないといけませんね!

実際にアミューズメント施設に登場するのが楽しみです。