© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

4月25日に日本公開される映画『シンデレラ』。1950年に公開されたディズニー長編アニメーション不朽の名作『シンデレラ』を実写で描きます。

【場面写真】同時上映は、あの『アナと雪の女王』の続編となる短編 “エルサのサプライズ” !

誰もが知っている“シンデレラストーリー”が美しい映像でスクリーンに蘇ります。

■古典が現代に蘇る、この春おすすめのディズニー映画

昨年は映画『マレフィセント』が大ヒット。3月14日には、有名なおとぎ話の “その後” を描く実写ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』も公開され、ますます注目が集まるディズニー実写映画。

今回、そんなディズニー実写映画の最新作『シンデレラ』を、一足お先に鑑賞させていただきました(4月25日全国公開)。

『シンデレラ』のアニメーション公開から65年、長い年月を経ても変わることのない彼女の魅力が際立った作品でした。

ひたむきに生き、夢をつかんでいくシンデレラの姿を素直にみていられる、古典が現代に実写として蘇った心地の良さ。

この春におすすめのディズニー映画です。

■他の実写化とは違う、シンデレラの変わらない物語

ディズニーアニメーションの中でも、特にポピュラーなシンデレラ。

これまでディズニーアニメーションの実写化では、『ふしぎの国のアリス』を奇才ティム・バートンの解釈で描いた『アリス・イン・ワンダーランド』、『眠れる森の美女』を悪役の視点から新たな物語として描いた『マレフィセント』、おとぎ話の“アフターハッピーエンド・ミュージカル”『イントゥ・ザ・ウッズ』など、アニメーションとは異なる視点や解釈で実写版を描いてきました。

しかし、今作『シンデレラ』で描かれる物語の本筋はアニメーションと変わりません。

2015年の価値観に対応するような要素が加わりながらも、彼女がもつ魅力は、アニメーション公開から65年たった現代でも変わらずに描かれています。

一方、動物たちの活躍や歌はアニメーションから減少。

その分、シンデレラの両親への想いや王子との関係など、人物面を掘り下げる実写らしい展開もみられます。

■大切なのは「勇気」と「優しさ」

シンデレラが愛する母親が遺した言葉のは「勇気」と「優しさ」。

どんな辛い状況に置かれても「勇気」と「優しさ」を胸に、大好きな両親の家を残すために生き続けます。

耐え続け、ついに投げ出しそうになったとき、彼女を守るような希望「魔法」が助けてくれます。

■スクリーンに広がる美しい魔法

シンデレラの中でも最も有名なシーン「ビビディ・バビディ・ブー」。

アニメーションならではの美しい魔法で、シンデレラのかぼちゃの馬車や、ドレスが誕生するシーンですが、今作では現代の技術を用いて、この魔法がスクリーンいっぱいに広がります。

■シンデレラがくれるディズニーの普遍的なメッセージ

信じれば夢は叶えられる。映画『シンデレラ』でみられるのは、ディズニーが昔から大切にし続けているこのメッセージです。

これは、真実の愛の形や、本当の願いという現代ならではの人物像ではなく、65年たった今でも変わらない普遍的な考え。

「勇気」と「優しさ」を胸につらいことにもにも耐え続けるシンデレラ。そんな彼女の姿勢にまわりも動かされていきます。

■同時上映は『アナと雪の女王』の続編短編

映画『シンデレラ』では、同時上映として短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』も併映されます。

『アナと雪の女王』のその後、エルサはオラフとともにアナの誕生日パーティーを開こうとする、というストーリー。

本編で印象に残るシーンのひとつ、幼いアナが雪だるまを作ろうとエルサを起こすシーンが、今度はエルサが起こす立場で再現されています。

他にも、オラフがアナのバースデーケーキをつまみ食いしているシーンなど、気になる画像が公開されています。

USA TODAY - Sneak peek: 'Frozen' returns in 'Frozen Fever'

さらに「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」などの作曲家ロバート・ロペスによる新曲も制作されているとのこと。

歴史的大ヒットを記録した『アナと雪の女王』の続編。おなじみのキャラクターたちがどのような物語をみせてくれるのでしょうか。