日本サッカー協会(JFA)は24日、インドサッカー連盟とパートナーシップ協定を締結した。協定期間は24日より1年間。自動更新制で、最大3年間となる。

 JFAはこれまで、フランス、スペイン、シンガポール、ドイツ、タジキスタン、アラブ首長国連邦、ヨルダン、ベトナム、イランの連盟・協会とパートナーシップ協定を結んでおり、インドは10か国目となる。