マイクロフォーサーズ規格に準拠

写真拡大

オリンパスイメージング(東京都八王子市)は、スマートフォンアプリからの操作が前提のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS AIR(オリンパス・エアー) A01」を、同社直販サイト限定で、2015年3月6日に発売する。

クリエイターが自由に使えるソフト開発キット、外観3Dデータ無償公開

「一眼画質をアプリで楽しむ」をコンセプトにした「オープンプラットフォームカメラ」。重さ147グラムの小型・軽量で、右手でも左手でも撮影できるシンメトリック(左右相称)デザインを採用。一般的な一眼デジカメでは撮影が難しかったアングルの撮影もできる。

設定や撮影を行う8種類のアプリ(OA.Genius、OA.ArtFilter、OA.ColorCreator、OA.PhotoStory、OA.ModeDial、OA.Clips、OA.Viewer、OA.Central)が、iOS、Android両方に用意される。レンズ交換式デジカメの共通規格「マイクロフォーサーズ」規格に準拠したレンズに交換すれば、広角、望遠、マクロ撮影が可能だ。

ソフトウェア開発キット(SDK)、外観の3Dデータを無償公開しており、クリエイターはアプリや、3Dプリンターなどで専用アクセサリーを開発できる。カラーはホワイトとブラックの2色。価格はボディのみが3万3000円(税別)、14-42mm EZレンズキットが4万9800円(同)。