「ホットロード」BD&DVD首位、女優主演の邦画作品BD首位は初の快挙。

写真拡大

女優・能年玲奈(21歳)の主演映画Blu-ray Disc(以下BD)「ホットロード」(2月18日発売/バップ)が発売初週に1.4万枚を売り上げ、今週発表の最新3月2日付けのオリコン週間総合BDランキング(集計期間:2月16日〜22日)で初登場首位を獲得した。

同時発売となったDVD盤も好調で3.8万枚を売り上げており、同・総合DVDランキングの2位(映画部門1位)にランクインしている。

女優主演の邦画作品によるBD総合首位獲得は、柴咲コウ「少林少女Bluray コレクターズ・エディション」(2008年11月発売)、綾瀬はるか「ICHI」(2009年4月発売)、戸田恵梨香(※加瀬亮とのW主演)「劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇」(2014年7月発売)がそれぞれ獲得していた2位を上回り、同ランキング初の快挙となった。

なお、本作BDは「あまちゃん完全版Blu-ray BOX 3」(2014年1月発売:累積1.5万枚)が記録した1.2万枚と「〜Blu-ray BOX 2」(2013年11月発売:累積1.6万枚)が獲得した2位を上回り、能年主演のBD作品としては最高の週間売上枚数と最高位をマーク。また、DVDも「〜 DVD-BOX 3」(2014年1月発売:累積1.1万枚)が記録した、これまでの能年主演DVDの最高週間売上枚数である0.8万枚を大きく上回っており、国民的ヒットとなったドラマ「あまちゃん」以降も衰えない“女優・能年”への注目度の高さをうかがわせた。

2014年に劇場公開された本作「ホットロード」は、80年代に「別冊マーガレット」誌で連載された紡木たくの人気コミックが原作。能年が国民的ヒットとなったドラマ「あまちゃん」の役柄とは真逆の、誰からも愛されていない、必要とされていないという悩みと孤独を抱えながら生きる14歳の主人公・和希を演じ、映画初出演の三代目J Soul Brothers・登坂広臣(27歳)が、和希と惹かれ合う不良少年・春山役に抜てきされたキャスティングでも話題となった。