「Thinkstock」より

写真拡大

--この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は放送作家の鮫肌文殊氏が、回転寿司店の席に設置されている給湯ボタンに関する疑問について迫ります。--

【今回ご回答いただいた企業】
回転寿司店

 酒の飲み過ぎですい炎を患い、断酒して今年ではや4年目。すい臓の何割かが壊れているので、脂質を制限している。一般の成人男性一日当たりの標準脂質摂取量60グラムのちょうど半分、30グラム分しか食べられない。

 それでも、たまには牛丼も食べたい。そんな時はどうするか?

「脂質のカタマリである肉を残して食う」のである。牛丼の「気分」だけを味わうのだ。だから、私が食べた後の丼にはキレイに肉だけが残っている。これをすい炎患者の「オトナ食い」と呼ぶ。

 牛丼以外でも、外食は脂質たっぷりな食べ物ばかりでメニュー選びに困ることが多い。そして迷った末に、すい炎患者の強い味方、回転寿司へ行く。もちろん、脂がたっぷり乗った大トロなどは食わない。脂質の少ないイカやタコ、ボイルされたエビが中心になる。私の使ったあとの醤油皿を見せてあげたい。脂質少なめのネタばかり食べるので、脂の浮かない清い状態のままである。

 思えば、すい炎になる前から、好物の寿司ネタは脂質の少ないものばかりであった。従って、「大トロが食べられない」などと不自由を感じたことはない。なにしろ、回転寿司で一番の好物が「かんぴょう巻き」なのだ。かんぴょう巻きにはうるさい。安いメニューだけに、そんな一品にも手を抜かない店の丁寧な仕事ぶりが如実に出るのだ。

 私のオススメは、あの料理評論家の山本益博さんが絶賛した天下寿司にある「かんぴょうワサビ」という一品だ。名前の通り。普通のかんぴょう巻きにたっぷりワサビが効かせてあり、刺激的でうまい。いつも最低2皿は食べるほどだ。

 そんな具合に、今日もいつものように回転寿司で、イカ、生ダコ、エビ、かんぴょう巻きを乱れ食い。満腹になって、最後にお茶を飲もうとお茶のパックを湯のみに入れ、給湯ボタンをプッシュした。……硬い。おそらく誤って子どもが押してやけどしないように、あえて硬くしていることはわかるのだが、それにしても硬すぎる。

●わざと硬くしている?

 だから直接、回転寿司店に聞いてみた。

「お茶用の給湯ボタン、硬すぎませんか?」

担当者 あまり軟らかすぎますと、小さいお子さんがやけどする恐れがございますので、硬めにしてあります。

--子どもの誤使用目的というのはわかるのですが、大人からしても硬すぎるように思います。

担当者 お客様がご使用するに当たって、不備のないような硬さに設定するようにしているのですが、中のパッキンが劣化した場合には硬くなります。また、整備の際に少し硬めに設定してしまっている可能性もございます。

--硬さの基準はあるのですか?

担当者 一律の基準というものはございません。

--どうやって硬さを確認しているのですか?

担当者 メンテナンスの際に、一つひとつ湯のみを押し当ててみて確認をしております。機械などで数値を測っているわけではないので、硬すぎることもあるかと思います。

--どの店舗でも硬いと感じるのですが、年配の方から「硬すぎて押せない」などという声はありませんか?

担当者 年配のお客様から、「もう少し軟らかくならないのか」というご意見を何度か頂いたことがあります。しかし、小さなお子様がけがをしてしまうと大変危険でございますので、ご不便をおかけしますが少し硬くしております。ご理解いただきたいと思っております。

--ありがとうございました。

 やはり、「もっと軟らかくしてほしい」という意見はすでに届いていた。店側も硬すぎると自覚しているようだが、子どもが誤ってやけどする危険を減らすために硬いままとしていることがわかった。

 これは、何かに似ている……そうだ! 視聴者からの抗議を恐れ、コンプライアンスを重視するあまり自主規制しまくって番組をつまらなくしている今のテレビ業界と一緒ではないか。

 回転寿司の給湯ボタンと、自分の職場であるテレビ業界の共通点を知った今回のギモンであった。他人のことばかりあげつらっている場合ではなかった。海より深く反省している。
(文=鮫肌文殊/放送作家)