『インヒアレント・ヴァイス』 ©2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

ポール・トーマス・アンダーソン監督の新作映画『インヒアレント・ヴァイス』の予告編が公開された。

【もっと写真を見る】

4月18日から全国公開される同作は、『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などを手掛けたアンダーソン監督が、小説『重力の虹』『V.』などで知られる覆面作家トマス・ピンチョンの長編小説を映画化した作品。

今回公開された予告編では、ホアキン・フェニックス演じるヒッピー探偵のドックが、元恋人の依頼を受けたことから巨大な陰謀に巻き込まれていくという本編の内容を垣間見ることが出来る。また、ドックがいきなり警官に突き飛ばされるシーンや、ある写真を見て突然叫ぶ場面、さらにジョシュ・ブローリン演じるビックフット警部が日本語で「もっとパンケークを!」と怒り出す姿などが盛り込まれているほか、1970年代のファッションに身を包んだキャストたちの姿も映し出されている。

なお、同作の邦題は当初予定されていた『LAヴァイス』から『インヒアレント・ヴァイス』に変更となっている。