飲み屋のつけ、時効5年に 業種ごとの「短期消滅時効」規定撤廃へ

ざっくり言うと

  • 民法改正要綱で、債権の「短期消滅時効」の規定が撤廃されることが分かった
  • 現在は、業種ごとに消滅時効を規定しているが原則5年に統一される見通し
  • ルールを明確化し、事業者の不公平感をなくすのが狙いとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング