2月24日、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画を実写映画化した『振り子』の特別試写会が都内で行われ、主演を務めた歌舞伎俳優の中村獅童(42)、女優の小西真奈美(36)が出席した。

「もともと原作が非常に好きだった」という獅童は、「ちょうどオファーがあったのが、母が亡くなったすぐ後。何とも言えないタイミングだった」と明かし、「あのときもっとこうしてあげたらよかったなと思うなかで、“取り戻せない時間”をテーマにした作品だったので、考えるところがいろいろと重なった」と当時を振り返った。

 イベント後には、21日に亡くなった坂東三津五郎さん(享年59)について「ただただ言えることは、みんなで力を合わせて歌舞伎界を盛り上げ、自分もいい役者になることが最大の恩返しになると思うので、前進あるのみです」とコメント。

1月13日にも三津五郎さんに会ったといい、「入籍の報告とごあいさつで長い時間お話ししたのですが、そのときはすごくお元気そうで、(結婚を)本当に喜んでくださった。弱っている姿というのを僕は見たことがなかったので、非常に残念です」と語った。

『振り子』は2月28日より全国にて公開。

(撮影/高田太郎)