■2月特集 2015年躍動するホープたち(9)

 2014年7月28日――。アメリカ・カリフォルニア州の著名な大学街、スタンフォード発信の衝撃的なニュースがテニスファンや関係者たちの間を駆け抜けた。2011年の全米オープンチャンピオンにして、当時世界ランキング19位のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)が、無名の16歳に敗れたというのである。 スコアは4-6、7-6、7-5の大接戦。しかも、第2セットはマッチポイントを手にし、第3セットでも先にブレークし先行しながらの敗戦だった。

 16歳の勝者の名は、大坂なおみ。国籍は日本。彼女にとって、ストーサーとの一戦はWTAツアーのデビュー戦であった。当時世界ランキング406位の大坂は、スタンフォード大会(バンク・オブ・ウェスト・クラシック)の予選に出場すると、元トップ50のペトラ・マルティッチ(クロアチア)らを破って本戦へ。そして迎えた自身初のツアー本戦初戦では、3年前の全米オープンで世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を下して優勝したベテランのストーサーと相まみえたのである。

 失うモノのない強み......と言ってしまえば、それまでかもしれない。だが、そのようなメンタルの持ち様で差を埋めるには、14歳の年齢差(すなわち経験の差/ストーサーは当時30歳)と、387位のランキングの開きは、あまりに大きい。それでもコートに足を踏み入れた時、大坂の身体を満たした想いはひたすらに、「勝つぞ、勝つぞ、勝つぞ!」であった。さらには驚くべきことに、この16歳はファンを味方につける秘策までも胸に抱いていたという。

「観客が、人気も知名度もあるサム(ストーサー)を応援することは分かっていた。だから私は、ファンがビックリして私を応援したくなるような何かをしようと思っていたの」

 その「何か」とは、本人が最も自信を持つ武器――サーブであった。試合立ち上がりから大坂は、時速190キロに迫る高速サーブを全力でコートに叩き込み、自分が何者であるかを対戦相手及び観客に鮮烈にアピールしたのである。加えて時折、ストーサーが一歩も動けぬようなフォアの強打を見せつけ、観衆の度肝を抜いてみせた。

 また、マッチポイントを握られた時は、緊迫の場面でナーバスになる相手の心理を読み、「無理せずボールを返すこと」に専念。大坂の狙い通り、勝ち急ぐストーサーはミスを重ねてチャンスを逃す。逆に自身のチャンスの局面では、自慢の強打で相手の戦意を喪失させた。

 スピードと重さを兼備したビッグサーブ、鋭いスイングのフォアの強打、そして大胆かつ冷静にプランを完遂する胆力――。名刺代わりの大金星を掴み取った16歳は、「喜び過ぎてはいけない。ここが私のピークではない」と自身に言い聞かせ、淡々とネットに歩み寄って握手を交わした。

「人生最高の勝利か?」

 記者から向けられたその問いには、「いいえ、これは人生で2番目。一番嬉しい勝利は、初めて姉に勝った時よ」と答えて、笑いを誘った。

 試合後の会見でアメリカの記者たちは、褐色の肌を持つ日本国籍の少女の生い立ちに多大な関心を抱いた。その中でも、プロフィールに書かれた出身地が『Osaka city』であることは好奇の対象となり、「これは単なる偶然?」との質問が飛んだ。

「違うわ。この街で生まれた人は全員、オオサカさんになるのよ」

 そう応じると、戸惑いの色を見せる大人たちに向けて茶目っけたっぷりに、「ジョークよ」と付け加えた。

 公式プロフィールが示す通り、大坂なおみが生まれたのは、『1997年10月16日(現17歳)・大阪府大阪市』。当時母親が勤務していたオフィスのすぐ近くには、関西テニスの中心地・靭(うつぼ)テニスセンターがあった。

 大坂が3歳の時に、一家はアメリカへと移住する。父の仕事や、子育ての環境を考慮した上での決断だった。最初に移り住んだ街は、ハイチ出身アメリカ人の父親が学生時代を過ごしたニューヨーク。全米オープンの会場でもあるナショナル・テニス・センターのコートで、2歳年長の姉、そして父親と一緒にテニスを始めた。

「最初のころ、テニスは楽しくなかった」

 そう、大坂は回想する。ともに競い合う姉には、どうしても勝てない。初めての練習では顔にボールが当たり、それがトラウマにもなった。練習場所は公営のテニスコートで、打ち合う相手は家族たち。代わり映えしない環境の中で、常に自分が一番下という状況は面白いはずもない。だが、それでもコートに向かってボールを打つことは、彼女の日常の一部となっていった。

 家族内のヒエラルキーに変化が表れ始めたのは、フロリダに引っ越してから数年経った10歳のころ。後に、「人生最高の勝利」と言及する姉からの初白星も、この時期に訪れた。ひとつの勝利による歓喜と成功体験は、さらなる達成感と強い対戦相手を欲する。練習や試合に対する意識や取り組みも、10歳前後を境に大きく変わっていった。

 そしてもうひとつ、この時期に大坂は全身を感激と興奮が駆ける印象深い体験をする。それは、セリーナ・ウィリアムズが2001年のインディアンウェルズ大会を制した映像を見た時だ。この試合でセリーナは、終始観客の大ブーイングを浴びながら戦っていた。原因は、同大会の準決勝で対戦予定だった姉のビーナスが、試合直前で棄権したことにある。待望の一戦が消失したことに対するファンの不満は、あろうことか決勝戦のセリーナに向けられたのだ。

 それでも当時19歳のセリーナは、1万人の観客を敵に回しながら勝利を掴み、そして試合後には、家族の胸に飛び込み号泣した。そんな勝者に大坂は、対戦相手の家族や友人から心ない言葉を浴びせられた、かつての自分の姿を重ねる。「こんな逆境でも勝つなんて!」。悲壮で勇敢な試合はモチベーションとなり、セリーナは彼女のアイドルとなった。

 ちなみに大坂は昨年7月、この憧れの存在とスタンフォード大会で初対面を果たしている。ふたりはそれぞれの生い立ちや練習環境について言葉を交わし、お互いの練習拠点が近いことを知って、「なんだ、すっごいご近所さんじゃない!」と笑い合った。

 セリーナと「ご近所さん」であるフロリダのアカデミーに大坂が招かれたのは、昨年5月のことだった。それまで父親がコーチだった大坂は、技術面とフィジカル面を担当するふたりのコーチの指導を受け、フットワークや戦術面の技術と知識を授けられたという。

 14歳から肩書的に"プロ"として戦ってきた大坂だが、年齢規制等に阻まれ、一般の大会に多く出られるようになったのは最近のこと。そのタイミングで恵まれた環境に移れたのは、才能の原石を磨く上で理想的な足跡なのかもしれない。なお、大坂の身長は、公式プロフィール上では5フィート11インチ(約180センチ)となっているが、測ったのはかなり前で、今はもう少し高いはずだという。技術や戦術面はもちろん、肉体的にもまだまだ成長過程のようだ。

「将来の夢は?」

 そんなありきたりの質問には、「ありきたりな答えだけれど」とはにかみながら、「世界1位と、可能な限り多くのグランドスラムタイトルを獲ること」と、か細い声で即答する。控え目な口調と掲げた目標のギャップに、スケールの大きさを感じさせた。期限付きの大きな目標としては、2020年の東京オリンピック日本代表がある。

 なお、テニス以外での夢はというと......。

「ビヨンセに会うこと! セリーナが憧れだって言っていたら、本当にセリーナに会えた。だから、ビヨンセが好きって言い続けていたら、いつかビヨンセにも会えるかしら?」

 年相応な可愛い野望を胸に秘める、宇多田ヒカルも好きな17歳――。目指す究極のプレイヤー像は、「観客に楽しんでもらえる、エンターテイナー」だ。

内田暁●構成 text by Uchida Akatsuki