三戸なつめ「前髪切りすぎた」MV スクリーンショット

写真拡大

テクノポップユニット・Perfumeらを手がける中田ヤスタカさんプロデュースのもと、歌手としてメジャーデビューするアソビシステム所属のモデル・三戸なつめさん。この度、4月8日(水)に発売するデビューシングル「前髪切りすぎた」のMVが公開された。

三戸なつめさん本人は一切登場せず、全編アニメーションで構成されたMVを手がけているのは、「アニメ界のアウトサイダーアーティスト」とも呼ばれる伊勢田勝行さん。

決して上手くはない手描きアニメで女の子たちを描き、狂気さえ帯びた独自の世界観を構築している伊勢田さんらしい映像に、三戸さんのファンの間では悲鳴にも似た反響が巻き起こっている。

三戸なつめ 「前髪切りすぎた」




90年代少女漫画ライクの、ちょっと狂ったMV


mito_jak

「前髪切りすぎた」ジャケット



三戸なつめさんは、きゃりーぱみゅぱみゅさんや中田ヤスタカさんが所属するアソビシステムのモデル。歌手としての活動も開始し、4月にはソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズからメジャーデビューする。

4月17日(金)から全国上映される、女優の桐谷美玲さん主演の映画『恋する♡ヴァンパイア』で三戸さんが映画デビュー、同時に中田ヤスタカさんプロデュースの主題歌「コロニー」を歌うことも発表された。

メジャーデビューシングルには「コロニー」のほか、スナック菓子のキャベツ太郎が好きすぎてつくってしまったキャベツ太郎の応援歌「きゃべつのやつの歌」も収録されるなど、発売前から話題を呼んでいる。

三戸なつめ「前髪切りすぎた」MV スクリーンショット



「前髪切りすぎた」のMVでは、自主制作アニメーションを手がけてきた伊勢田勝行さんの手描きによる、90年代の少女漫画のキャラクターを彷彿とさせるようなビジュアルの少女たちが登場。

DIY精神あふれるアナログな手法を取り入れつつ、何度も同じ映像を繰り返す、ループの手法を多用した中毒性の高い映像に仕上がっている。

三戸なつめ「前髪切りすぎた」MV スクリーンショット



三戸なつめ「前髪切りすぎた」MV スクリーンショット



三戸なつめ「前髪切りすぎた」MV スクリーンショット



三戸なつめ「前髪切りすぎた」MV スクリーンショット