パズドラ生みの親、ガンホー森下社長に『情熱大陸』1年以上密着 ゲーム制作の舞台裏放送

写真拡大 (全2枚)

ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(MBS/TBS系列)の3月1日放送回に、スマートフォン向けゲーム『パズル&ドラゴンズ』の生みの親、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下一喜社長が登場する。

【関連:ソフトバンク、『パズル&ドラゴンズ』のガンホー社株を1株34万0276円で公開買付】

今回の密着は、番組側からの提案で「人気ゲーム会社とドキュメンタリー番組がコラボレーションしてオリジナルゲームを制作し、その過程を密着取材する」という企画になっている。
この提案に森下社長は「自分が納得いくまではリリースしない。その条件を飲めるならやりましょう」という条件を提示したそうだ。

そのため密着は1年以上かけて行われ、オリジナルゲームの制作過程から、完成したゲームの紹介。加えて、趣味でもあるスキー部の活動や、アメリカでの多忙な日々、ひたすらゲーム三昧なプライベートも紹介される。