クレジットカードの使い方&選び方が下手すぎる!? 「クレジットカードに関する調査」の結果から考える 本当に得する高還元クレジットカードの選び方とは?

写真拡大

 クレジットカードを保有枚数や利用する理由、利用金額、利用する業種など、「一般消費者がどのようにクレジットカードを利用しているのか」が判明! その調査結果によると、クレジットカードを上手に使い分けながらも、まだまだ十分に活用しきれていない実態が明らかに……。

クレジットカード保有率は87%、平均保有枚数は3.3枚。
1カ月あたりの平均利用金額は5.3万円!

 2月20日、クレジットカード発行会社の「JCB」が毎年行っている「クレジットカードに関する総合調査」の2014年度版の結果が発表された。この調査はインターネットのモニターに登録している全国の20代から60代の学生を含む男女3500人(JCBカードの保有有無は不問)にアンケートしたもの。

 その結果の概要は以下のとおりだ。

<2014年度版調査結果の概要>
■クレジットカード保有率は87%。平均保有枚数は3.3枚。
クレジットカード保有率は、2010年から減少傾向がみられ、2014年は87%であった。20代の保有率は男女ともに他の年代と比べて低く、80%を下回る。一人あたりの保有枚数は平均3.3枚、携帯枚数(実際に持ち歩くクレジットカードの枚数)は平均2.1枚で、どちらも昨年から変化はみられない。

■利用が多いクレジットカード上位2枚までは、利用頻度・金額ともに微増。
1番多く利用しているクレジットカードは、1ヶ月あたり平均5.7回、5.3万円利用されている。この1番多く利用しているクレジットカードは、利用頻度・金額ともに昨年と比べて、若干ではあるが増加している。

■「ポイント・マイル」や「入会費・年会費の安さ」など利得性が重視されている。
1番多く利用するクレジットカードを利用する主な理由は、「ポイントやマイルが貯めやすいから」が54%で最も高く、2番目に多く利用するクレジットカードについては、「入会費・年会費が他社と比較して安いから(無料含む)」が44%と最も高い。この理由は、1番多く利用するクレジットカードでも高く、「入会費・年会費」はクレジットカード利用の重要な要素となっている。

■「スーパーマーケット」、「百貨店」、「コンビニエンスストア」など、店頭の支払いでのカード利用が増加している。「オンラインショッピング」、「ガソリンスタンド」、「家電量販店」の利用は減少傾向。
クレジットカードで支払いを行っている業種は、「オンラインショッピング」や「携帯電話」「スーパーマーケット」が多い。日常的な買い物でカードは利用されている。

■生活費は微減。クレジットカード利用額、クレジットカード利用割合はともに微増。
世帯あたりの月平均生活費は、2010年から減少傾向にある。一方でクレジットカード利用割合は、2010年から増加傾向にある。

■電子マネーの保有・利用ともに増加傾向。デビットカードは保有・利用ともに大きな変化はみられない。
電子マネーは保有率79%・利用率66%で、2012年から増加傾向。電子マネーの利用業種は「鉄道・地下鉄・バス」が最も多い。デビットカードは保有率16%・利用率6%で、大きな変化はみられない。
(※株式会社ジェーシービー ブランドマーケティング部による「クレジットカードに関する総合調査」2014年度版 調査結果レポートより)

 しかし、この「クレジットカードに関する総合調査」の結果を見ると、まだまだクレジットカードを上手に活用しているとは言い難い。ここからは「本当に得をするクレジットカードを利用した節約方法」を紹介しよう。

携帯電話や電気・ガス・水道などの公共料金など
毎月の固定費をクレジットカード払いにするべし!

「クレジットカードに関する総合調査」でわかったのは、クレジットカードを利用する業種で「携帯電話料金」が28.6%、「プロバイダー料金」が17.8%、「電気料金」が16.7%、「ガス料金」が12%、「CATV・衛星放送・NHK料金」が7.9%という低い割合だったこと。これらの料金を「銀行口座振替」や「コンビニ払い」にしている人がまだまだ多いということだ。

 例えば、携帯電話やプロバイダー料金、電気やガス、水道などの固定費を年会費無料ながら還元率1.0%の「Yahoo! JAPANカード」や「Orico Card THE POINT」で支払うようにしておけば、それだけで1.0%を確実に節約することができる。

■Yahoo! JAPANカード
還元率 1.0〜2.0%
発行元 ワイジェイカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 永年無料
家族カード あり(永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco(JCBのみ)

■Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
還元率 1.0〜2.0%
発行元 オリコカード
国際ブランド VISA、Master
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、 iD、QUICPay、au WALLET(MasterCardのみ)

(関連記事⇒[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2014-2015]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2015年初時点で、一番おすすめのカードはコレだ!)

 ただし、東京電力や東京ガス、東京水道局などの公共料金は、「銀行口座振替」にすれば1カ月54円(税込)の割引を受けられる「口座振替割引サービス」がある。一人暮らしで外食が多く、ガス料金や水道料金が安い場合は、「銀行口座振替」のほうが得だろう。

 例えば、いくら還元率1.0%の「Yahoo! JAPANカード」を保有していても、ガス料金や水道料金が2700円以下であれば、「口座振替割引サービス」を活用したほうが節約金額が高くなるからだ。

 また、イオン銀行などは「公共料金の引き落とし口座」に指定するだけで、毎月「件数×5WAONポイント」がもらえるので、独身一人暮らしで公共料金が安い人は「イオン銀行+口座振替割引サービス」、夫婦や家族で暮らしている人は「高還元クレジットカード」で支払うようにしよう。
(関連記事⇒イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!)

 上記のように、携帯電話やプロバイダー、電気、ガス、水道などの固定費は、高還元クレジットカードで決済すれば得になるケースが多く、さらに日々の支出を高還元クレジットカードにまとめるほど節約できる金額は増えるので、「これだ!」と決めた高還元クレジットカードは使いまくろう。

 ただし、クレジットカードを選ぶ際に「年会費無料のワナ」には気を付けたい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)