紅茶専門店の増加だけでなく、手軽な楽しみ方も広がっているNEWSポストセブン

紅茶の苦味成分が骨粗しょう症の改善に効果的であると判明

ざっくり言うと

  • 大阪大学の西川恵三助教のチームが23日付の米医学誌電子版に発表をした
  • 骨を破壊する「破骨細胞」の形成を防ぐのに、紅茶の苦味成分が役立つという
  • チームは「骨粗しょう症の予防や新薬開発が可能かもしれない」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング