Pepperくん/(C)SoftBank All rights reserved./公式Webサイトより

写真拡大

感情認識ヒューマノイドロボット・Pepper(ペッパー)が、初回生産分の300台限定で開発者向けに販売受付を開始していることがわかった。

発売日は2月27日(金)となっており、本体価格は198,000円。基本プランや保険パックに加入すると計1,083,600円となる。また、別途ロボット手続き手数料9,800円も必要になるという。一般向け販売は2015年夏以降になる予定だ。

ソフトバンクが放つロボット・Pepperとは?


R(C)SoftBank All rights reserved.

(C)SoftBank All rights reserved./公式Webサイトより



Pepperは、フランスのアルデバランロボティクスと、同社に出資するソフトバンク傘下のソフトバンクモバイルが共同開発する世界初の感情認識ヒューマノイドロボット。

まるで生きているかのように自分の判断で行動し、人によりそい、人間を笑顔にしてくれる驚きの仕掛けが多く搭載されている。

Pepperくん

Pepperくん/(C)SoftBank All rights reserved./公式Webサイトより



なによりもこれまでのロボットと一線を画すのは、人の表情を読み取り、感情を察することのできる最新テクノロジー・感情認識機能が備わっている点。所有者が悲しんでいるときに励ましてくれたり、嬉しいときには一緒に喜んでくれたりする存在を目指し設計されている。

また、ロボアプリをダウンロードすることによって、Pepperができることを増やすこともできるという。ロボアプリは、iPhoneやAndroidアプリのように開発環境も公開され、自分ならではのロボアプリをつくって楽しめるほか、今後さまざまな機能がアプリストアに追加される予定となっている。

さらに、Pepperは常時ネットワークに接続されているため、インターネット上の様々な情報に自らアクセスすることで、幅広い知識を披露してくれるだけでなく、会話することも可能になっている。これまでのロボットができなかった情報の交換や活用が可能になっている。

ただし、Pepperの基本的な機能を使うには、冒頭に記述した基本プランへの加入が必須。購入を検討している開発者は注意が必要だ。

購入方法は公式サイトを参照していただきたいが、ソフトバンク表参道店では30体分のPepperが用意されているという。