あなたは略奪する女?クラッシュ・オブ・クランをプレイしてみた。

写真拡大

いま、スマホなどのゲームアプリで、時間を忘れてついついやり込んでしまう中毒性のあるタイトルといえば「クラクラ」を挙げる人も多いだろう。決して頭がフラフラとしているわけではなく、世界140ヶ国以上のApp Store売上ランキングで堂々の1位を獲得したという新感覚戦略ゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」の略称である。

 

簡単に説明すると自分の村(クラン)を、他のプレイヤーや、モンスターの攻撃から守りながら、拡大していくという内容になる。専守防衛に留まらず、攻めに転じれば村を強化するための資源を略奪できるなど、攻守一体の戦略が楽しめる。ジャンル分けをすれば、タワーディフェンスというくくりが、いちばんしっくりと来るのかもしれない。

 

おらが村のクラッシュ・オブ・クラン

 



早速、プレイすると、いきなりクランに放り込まれて戸惑うかもしれないが、ガイド付きで基礎を説明してくれるため分かりやすく、タップを駆使した直感的な操作もレスポンスが良く、覚えやすさにも直結するだろう。
Screenshot_2015-02-18-14-33-27

いきなりゴブリンの襲撃。このクランは穏やかではないようだ。

 

Screenshot_2015-02-18-14-33-52

ぎょぎょぎょ!とばかりに青ざめるオネエサン。大砲の準備を指南されるなど、早くも進む軍拡。画面の右端には「ショップ」のアイコン。ここをタップすると...

 

Screenshot_2015-02-18-14-34-10

ドラ○もんが取り出したひみつ道具のように燦然と輝く「防衛設備」がお出ましである。畜生共の小汚い土足での領土侵犯など許すまじと、対価を支払い大砲を購入しよう。

 

Screenshot_2015-02-18-14-35-22

お次は購入した大砲の設置場所の検討。クランの中心に配備することで、バランスの良いシュートレンジが可能となるようだ。

 

Screenshot_2015-02-18-14-35-45

これで一騎当千、百人力!と思いきや、大砲が完成するまで一定の時間を要するようだ。タイム・イズ・マネーというわけで、グリーンの「エメラルド」を消費することで、可及的速やかに建設を進めることができる。お金だけ持っていれば良いというわけでもなさそうだ。

 

Screenshot_2015-02-18-14-35-57

こちらの準備がすべて終わるのを待ってくれていたかのように、再び登場する西洋の斬られ役。

 

Screenshot_2015-02-18-14-36-20

実際の防衛シーンは、ユーザーに直に確かめてもらうとして、敵を殲滅すれば、クランには束の間の平和と幾ばくかの資源が手に入るだろう。安穏とは戦うことでしか、手に入れられないのかもしれない。

 

Screenshot_2015-02-18-14-36-50

そうこうしていると、訪れたのは反撃のチャンス。守っているばかりがクラクラではないと、ゴブリン共の村にお礼参りをする絶好のリベンジタイム!屍の山を築き、生殺与奪な、血で血を洗う光景が目に浮かぶぜ。

 

Screenshot_2015-02-18-14-37-01

 

野営場のような村がゴブリンの棲み家だろう。画面の何もない場所を複数回タップすることで、ユニットを配置することができる。

 

Screenshot_2015-02-18-14-37-15

 

大砲や建物などを対象に手持ちのユニットたちを出撃させると、丁々発止のやり取りが勃発!

 

Screenshot_2015-02-18-14-37-33

見事、勝利を収めれば、戦利品を根こそぎゲット。これで自分のクランを強化、拡大することができる。

 

ほかにも建物のアップグレードや兵の強化など、やれることはたくさんあるのだが、以上がクラッシュ・オブ・クランの初歩的なチュートリアルになるといえるだろう。一国一城の主として、クランに牙城を築き上げ、難攻不落の要塞をつくり上げるのか、それとも押し寄せる巨躯の軍勢を部隊させるのかなど、どんなポイントに力を注ぐかで、プレイヤーの数だけ特色のあるクランが出来上がるのではないだろうか。

 

国境を超えて、世界中の人々を虜にする人気のクラッシュ・オブ・クランだが、ネット上には世界最強!の「略奪する女」が存在するらしいので、腕に覚えのある歴戦の強者ユーザーも、これから新規参戦の殴り込みプレイヤーも注意してほしい。

[youtube id="D_w2NR_wQcc" align="center" mode="normal"]

 

 

【記事:猫またぎ】