■2月特集 2015年躍動するホープたち(8)

 2月15日、錦織圭がATPメンフィス大会で優勝し、同大会の3連覇を達成。キャリア通算8度目のツアータイトルを獲得して、世界ランキング5位を死守した。

そして、その日本のエース、錦織の背中を追って、日本の若手も成長を続けている。なかでも、錦織と同様に「盛田正明テニス・ファンド」のサポートを経て、「IMGアカデミー」でトレーニングを続けるふたり、19歳の西岡良仁と18歳の中川直樹は、ポスト錦織圭の有力候補だろう。

 新世代期待のひとり目、西岡良仁は、現在ATPランキング154位(2月16日付け)で、日本男子の5番手につけている。

 三重県出身で、4歳からテニスを始めた西岡は、2007年全国小学生テニス選手権で優勝。その後、中学3年生からフロリダのIMGアカデミーへテニス留学をした。実は西岡は、留学の奨学金を給付してくれる「盛田正明テニス・ファンド」の選考に2度落ち、それでもあきらめずに合格をつかみ取った経歴の持ち主だ。

「盛田ファンド」では、その年の目標をクリアできないと、選手を日本へ帰国させてしまうが、ジュニア時代から負けず嫌いで有名だった西岡は、練習を重ねて目標を達成していった。そして、2012年USオープン・ジュニアの部で、単複ベスト4という大きな結果を残したのだ。

 13年には一般大会にも挑戦。2月にはプロの登竜門となるフューチャーズ大会(メキシコ)で初優勝した。さらに11月の全日本テニス選手権では、初出場ながら準優勝を成し遂げた。

 そして14年1月、西岡は念願のプロ転向を果たし、「3年後にはランキングをふた桁にしたい。将来の目標は一番になることです。目指しているのは、もちろん頂点。プレーを見て面白いと思ってもらえる選手になりたい」と夢を語った。

 身長171cm、体重63キロと小柄な西岡は左利き。ボールに食らいついて粘り、カウンターショットでポイントを奪うプレースタイルだ。貪欲に転戦を続けるなか、14年USオープンでは、予選から勝ち上がってグランドスラムデビューを飾っている。

そこで西岡は、「100位台の選手にも、しっかりプレーすれば勝てる。ディフェンスを崩さずに、アグレッシブにプレーできるようになった」と自信を深め、その後、ツアー下部のチャレンジャー大会(上海)で初優勝して、167位までランキングを上昇させた。

 また、西岡は14年9月の仁川アジア大会の団体で銅メダルを獲得。さらに、シングルスでは、1974年テヘラン大会での坂井利郎以来40年ぶりとなる金メダルに輝いた。

「40年ぶりというのは、試合が終わるまで知りませんでした。自分のベストのプレーができてうれしかった。チャレンジャー精神でトライしていった」

 そして、15年シーズンに入ってランキングが154位となった西岡は、着実にステップアップを続けている。2月第3週のATPデルレイビーチ大会(アメリカ)では、予選から勝ち上がってツアーデビューを果たすと、ツアー本戦初勝利を飾り、そのまま勢いに乗ってベスト8に進出。19歳でのツアーベスト8は、西岡にとって大きな手応えになったはずで、いよいよトップ100入りが見えてきている。

 その西岡に続く注目の若手が、中川直樹。ATPランキング922位で、15年1月にプロ転向したばかりの18歳だ。

 3歳からテニスを始めた福岡県出身の中川は、08年全国小学生テニス選手権で準優勝。13歳から「盛田ファンド」のサポートを受けて、IMGアカデミーでのテニス留学を始めた。ジュニア時代から一般大会にも挑戦した中川は、13年9月にはフューチャーズ大会(メキシコ)で初優勝を果たしている。

 また、14年USオープン・ジュニアの部のダブルスで見事に初優勝して、グランドスラムタイトルを獲得した。これは06年ローランギャロスで錦織がジュニアの部のダブルスで優勝して以来の快挙だった。

 ジュニア世界ランキング9位まで上がった中川もまた、「盛田ファンド」の厳しい課題を毎年クリアしていき、ジュニア時代のテニス留学のプログラムを最後までやり通した。そして、14年11月のプロ転向会見では、ひょうひょうと大いなる目標を宣言した。

「目標は世界ナンバーワンです。道のりは長いですけど、頑張っていきたい。攻撃的なテニスが好きなので、アグレッシブプレーヤーでいきたいです」

 そんな中川のテニスセンスは、錦織も一目置くほど。どのショットもタッチが良く、スイングが美しい。また、身長180cmから繰り出されるサービスはキレがあり、オールラウンドのプレーができる。ただ、体重67キロとまだ体が細く、ショットのパワーと重みが足りない。この点は本人も自覚している。

「フィジカルが細いので太くしたい。ウエイト(トレーニング)を増やしています。プロテインも飲んでいますし、バランスよく食べています」

 中川は錦織とほとんど同じ経歴をたどっているため、比較されがちだ。それについて聞かれると、「自分のペースで頑張ろうと思います。同じ道を歩んでいるのはすごくいいことだけど、最終的には抜きたい」と、非常に頼もしい答えが返ってきた。

 プロ1年目の中川は、アメリカで開催されるフューチャーズ大会を中心に転戦し、結果次第でひとつ上のレベルであるチャレンジャー大会にも挑戦していく予定だ。

 ATPツアーでの活躍を目指す西岡と中川にとって、錦織という最高のお手本が存在することは、なによりの励みになるはずだ。これまでの日本男子の若手選手は、世界のツアーで活躍したいと願っても、本当にそれができるのか疑心暗鬼になることがほとんどだった。だが今は、錦織がトップで活躍しており、より具体的な目標を持つことができるようになった。それは、西岡にも中川にもいい影響を与えているはずだ。

 西岡と中川という逸材が順調に成長していけば、数年後、日本男子テニス界にかつてない黄金時代が訪れるかもしれない。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi by Ko Hitoshi