【第47回:石浦】

初場所(1月場所)で史上最多となる
通算33回目の優勝を成し遂げた横綱だが、
同場所ではそれ以上の喜びがあったという。
それは何だったのか――。

 先の初場所(1月場所)では、おかげさまで全勝優勝を飾ることができました。その結果、通算33回という史上最多優勝記録を達成させていただくこともできました。応援していただいたファンのみなさんには、ただただ感謝するばかりです。

 昨年末の九州場所(11月場所)では、「角界の父」と慕う大鵬関の優勝32回の記録に並ぶことができました。その達成感というのは、私にとっては相当大きなものでした。それだけに、その後はその感慨にどっぷりと浸っていました。できることなら、ずっとそのままでいたいと思っていたほどです。大仕事を果たして、それ以上の目標を定めることなど、とても考えられないとも思っていましたからね。

 しかし2015年を迎えて、初場所が目前に迫ってくると、私の気持ちも徐々に変わってきました。そして初場所が始まると、「やっぱり、新記録(通算33回目の優勝)を狙ってやる!」と、一気に前向きになりました。きっと、私は根っからの"勝負師"なんでしょうね(笑)。

 初場所前の稽古場では、復調気配の日馬富士が激しい稽古を繰り広げていました。優勝を狙う強い気持ちが、私にもひしひしと伝わってきました。もうひとりの横綱・鶴竜も、場所前に婚約を発表。横綱としての初優勝を目指して、気合いがみなぎっていました。また、大関の稀勢の里も、初優勝、そして横綱への足がかりを作るべく、相当意気込んでいるという話が、私の耳にも聞こえてきました。

 そうした周囲の活気あふれたムードも、私の気持ちに火をつけたのでしょう。「彼らには負けられない!」という思いに駆られましたからね。

 その分、場所に入ってからも毎日が必死でした。鶴竜が2日目に早くも土をつけ、シャープな動きが際立っていた日馬富士も7日目に1敗を喫しましたが、気を抜くことはありませんでした。

 おかげで、9日目には関脇2場所目となる注目の逸ノ城にも勝って、13日目には稀勢の里との一番で取り直しの末に勝利。そしてその瞬間、通算33回目の優勝が決まりました。これほど早い段階に記録を達成できるとは、自分でも驚くばかりでした。

 こうなってくると、残り2日間も勝って、全勝で新記録に華を添えたいと思いました。そうして新たな意欲が沸いた私は、14日目に日馬富士を撃破。千秋楽の結びの一番でも、鶴竜との1分を超える大相撲を制することができました。その取組み中は、国技館を埋め尽くしていたお客様の声援や熱気を体全体で感じていました。ゆえに、鶴竜を寄り切った瞬間は、先場所の優勝とは違う"達成感"を味わうことができました。

 この初場所15日間は、全日満員御礼という、うれしい出来事もありました。さまざまな喜びが重なって、改めて大相撲の素晴らしさを痛感し、いい波に乗っている相撲界で戦えることに幸せを感じています。

 実は、初場所ではさらにうれしいニュースがありました。内弟子の石浦(宮城野部屋)が、来場所の十両昇進を決めたのです。

 幕下西6枚目の石浦は、初場所で6連勝を飾っていました(※)。迎えた7番相撲は、学生横綱に輝いたこともある正代(時津風部屋)との全勝対決。幕下15枚目以内で7戦全勝した場合、十両に昇進できるという内規がありますから、石浦が勝てば、文句なしに十両昇進が決まる一番でした。
※幕下以下の力士は、通常1場所で7番の相撲を取る。

「なんとか勝って、(十両昇進を)決めてくれ!」

 私はそう祈って、その一番を見つめていましたが、石浦は敗戦。6勝1敗で十両昇進の夢ははかなくも消えたと思いました。が、なんと場所後に十両から引退力士が出たことで、石浦の新十両昇進が決まったのです。その幸運には、自分の優勝以上の喜びを感じましたね。

 石浦は、以前幕内でも活躍した同じ宮城野部屋の山口(元大喜鵬/現三段目)と、日大相撲部でチームメイトでした。卒業後、すぐに宮城野部屋に入門した山口と違って、石浦はオーストラリアに留学していました。それが、山口や他の学生出身力士の活躍が刺激になったようで、1年ほど遅れて入門してきました。

 身長173cm、体重107kgと小柄ながら、全身がバネといった体つきで、巧みな技を次々に繰り出してきます。相手力士をうまくかわし、土俵を目いっぱい使った精力的な相撲が持ち味です。初場所では、特に動きがキレていました。「チャンスをモノにしたい!」という気持ちも前面に出ていたように思います。

 鳥取県出身の石浦。同県出身者からの関取誕生は、53年ぶりだそうです。

 鳥取県と言えば、高校相撲界の雄、鳥取城北高校が有名です。卒業生には、先の大喜鵬をはじめ、今をときめく逸ノ城や、照ノ富士、この2月に断髪式を行なった元大関の琴光喜がいます。

 そんな名門・相撲部を指導しているのは、石浦外喜義監督。そう、石浦の父親です。まさに石浦には、生まれながらにして"相撲の血"が流れているわけです。

 日大時代にはレギュラーになれなかったものの、高校時代から国際大会の軽量級の部では何度となく日本代表になっている石浦。体は小さくても、抜群の身体能力と優れた相撲センスでここまでやってきました。これからも、多くのファンを喜ばし、魅了する相撲を取ってもらいたいと思っています。

 私の付け人としても、これまで一生懸命仕事をしてくれていました。気遣いができる付け人がひとり抜けてしまうのは、私としては残念でなりませんが、春場所(3月場所)では十両の土俵で暴れまくってもらいたいですね。そして、近いうちに幕内まで上がってきて、私の横綱土俵入りの太刀持ち、露払いを務めてほしいと思っています。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki