FX選択式自動売買、勝てるプログラムはこう探せ!
自動売買と聞くとプログラムの専門的な知識が必要で初心者には難しそうなイメージがある。しかし、選択式自動売買ならプログラムを選ぶだけでOK。忙しい人、初心者こそ活用すべきそのメリットを紹介する

◆勝てるプログラム探しの指標になる“儲けの公式”

 実際に選ぶ基準がなければ、ストラテジーを選びようがない。いったい何を基準にすればいいのだろうか?。

「私がプログラムを選ぶ際に見ている公式があります。公式といっても単純なもので『平均収益×トレード回数=収益』です。この法則で、実際に自分の手元に入る金額がわかります。この公式でいちばん重要なのは“平均収益”だけです。平均収益がどうなっているかを見ましょう。当然、FXには取引コストにあたるスプレッドがあります。1回あたりの平均収益が少なければ、スプレッド分も捻出できない。マイナー通貨ではスプレッドが広い通貨ペアもありますが、そちらで勝てるプログラムを選んでも結局、収益が残らないこともあります。もちろん、平均収益が大きいプログラムを選ぶべきですね」(自動売買に詳しい投資家のしろふくろう氏)

 平均収益が少なければスプレッドで負けてしまう可能性が出てくる。

「前述のとおり、選択型自動売買、唯一のデメリットがスプレッドの広さ。なので、確実に収益を確保したいのであれば、“平均収益”にはシビアになったほうがいい。マイナーな通貨ペアだとスプレッドが広い場合も多い。スプレッドに注意しないと、何度も取引を繰り返して勝ったトレードが多いはずなのに、トータルではなぜか損失が出ている状況になってしまいますから。とにかく、平均収益が大きいプログラムを選ぶ。それを念頭に置いて探してみてください」

 コツさえつかめば、まさに忙しい人にピッタリな選択型自動売買。これを機に選択型自動売買を始めてみたいと思う人は、いきなり取引を始めず、まずツールに慣れるところからスタートしてみては?

◆選択型を選ぶ際の鉄板ルール

平均損益×トレード回数=収益

平均収益が多いプログラムは、スプレッドが多少広くても着実に収益を残すことができる。平均収益が低くトレード回数も多いプログラムは、勝率が高くても結局スプレッドで負けてしまう可能性が高くなる。平均収益はできる限り多いに越したことはない

【しろふくろう氏】
自動売買に詳しい個人投資家で海外のFX業者にも精通。著作に『FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術』(日本実業出版社刊)

取材・文/上野智 イラスト/小倉隆典
― 寝てても稼げる[FX選択式自動売買]のススメ【5】 ―